佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の魅力度アップに寄与する目的で、佐賀の自然、史跡、文化、芸能などを写真でご紹介します。1枚の写真から、佐賀ブレイク!

うれしのあったかまつり<再掲>完(嬉野市)

<br />うれしの⑮


うれしの⑭
うれしのあったかまつり 絵手紙灯篭
<撮影場所・撮影日>嬉野温泉街・2020年2月3日


◎昨年春に続き、二度目の新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき緊急事態措置が発出されたことを受けて、ブログに新しく掲載する写真がありません。
このため、昨年(2020年)開催されました「うれしのあったかまつり」で撮影しました写真を、記事を改訂の上、再掲しています。



(記事)
① 1及び2枚目の写真は、いずれも昨年(2020年)の温泉公園における絵手紙灯篭の様子です。
  <注意>
  嬉野市のホームページにおいて、「2021 うれしのあったかまつり」は、2021年1月30日(土)から2月14日(日)まで市内各所にランタンや灯籠のあたたかな灯が灯ることが案内されています。しかし、同市体育館での「宵の美術館 なまずの寝床」は新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、今年は開催されないことが案内されていますのでご注意ください。
  嬉野市HP:https://www.city.ureshino.lg.jp/kanko/event/_19858.html

② 下記の写真は、豊玉姫神社の御祭神・美しい肌の女神である豊玉姫様の遣いの「なまず様」(手水舎(てみずや・ちょうずや))になります。


うれしの⑯
豊玉姫神社「なまず様」(手水舎)
<撮影場所・撮影日>豊玉姫神社・2020年2月3日

③ 嬉野の地に伝わる「白なまず」の伝説は、関係のパンフレット等によりますと、「嬉野の地で古くから竜宮城の乙姫・豊玉姫を祀る豊玉姫神社。白なまずはその遣いとして嬉野川を支配し、郷の守護神である。」などと紹介されています。


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「2021 うれしのあったかまつり」、「嬉野市 豊玉姫神社」等
※コメント欄は、閉鎖させていただいています。お問い合わせ等につきましては、「メールフォーム欄」をご利用ください。
  1. 2021/02/07(日) 00:00:00|
  2. 嬉野市

うれしのあったかまつり<再掲>⑤(嬉野市)

8:DSC__0082


7:DSC_0079


9:DSC_9881
なまずの寝床
<撮影場所・撮影日>嬉野市体育館・2020年2月3日


◎昨年春に続き、二度目の新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき緊急事態措置が発出されたことを受けて、ブログに新しく掲載する写真がありません。
このため、昨年(2020年)開催されました「うれしのあったかまつり」で撮影しました写真を、記事を改訂の上、再掲しています。


  内閣総理大臣は、2021年2月2日、緊急事態措置が発令中の11都府県のうち、栃木県を解除し、残りの10都府県は延長すると表明しました。佐賀県の感染者数は、ここ1週間、一けた台に減少しましたが、隣県の福岡県が緊急事態措置の発令が延長されることになりましたので、引き続き、撮影活動を自粛します。

<注意>
 嬉野市のホームページにおいて、「2021 うれしのあったかまつり」は、2021年1月30日(土)から2月14日(日)まで市内各所にランタンや灯籠のあたたかな灯が灯ることが案内されています。しかし、同市体育館での「宵の美術館 なまずの寝床」は新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、今年は開催されないことが案内されていますのでご注意ください。
嬉野市HP:https://www.city.ureshino.lg.jp/kanko/event/_19858.html

(記事)
① 昨年(2020年)、嬉野市体育館内に展示されましたランタン空間作品「宵の美術館 なまずの寝床」は、日本最大規模とのことです。
  このランタン空間作品の作者は、ランタン作家「三上真輝」さんです。

② 嬉野の地に伝わる「白なまず」の伝説は、関係のパンフレット等によりますと、「嬉野の地で古くから竜宮城の乙姫・豊玉姫を祀る豊玉姫神社。白なまずはその遣いとして嬉野川を支配し、郷の守護神である。」などと紹介されています。

③ 繰り返しになりますが、いずれの写真も昨年撮影したものであり、今年(2021年)は体育館での「宵の美術館 なまずの寝床」は開催されていません。



★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「2021 うれしのあったかまつり」、「ランタン作家 三上真輝」等
※コメント欄は、閉鎖させていただいています。お問い合わせ等につきましては、「メールフォーム欄」をご利用ください。
  1. 2021/02/05(金) 00:00:00|
  2. 嬉野市

うれしのあったかまつり<再掲>④(嬉野市)

5:DSC_9893


6:DSC_9872
なまずの寝床
<撮影場所・撮影日>嬉野市体育館・2020年2月3日


◎昨年春に続き、二度目の新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき緊急事態措置が発出されたことを受けて、ブログに新しく掲載する写真がありません。
このため、昨年(2020年)開催されました「うれしのあったかまつり」で撮影しました写真を、記事を改訂の上、再掲しています。


  内閣総理大臣は、2021年2月2日、緊急事態措置が発令中の11都府県のうち、栃木県を解除し、残りの10都府県は延長すると表明しました。佐賀県の感染者数は、ここ1週間、一けた台に減少しましたが、隣県の福岡県が緊急事態措置の発令が延長されることになりましたので、引き続き、撮影活動を自粛します。

<注意>
 嬉野市のホームページにおいて、「2021 うれしのあったかまつり」は、2021年1月30日(土)から2月14日(日)まで市内各所にランタンや灯籠のあたたかな灯が灯ることが案内されています。しかし、同市体育館での「宵の美術館 なまずの寝床」は新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、今年は開催されないことが案内されていますのでご注意ください。
嬉野市HP:https://www.city.ureshino.lg.jp/kanko/event/_19858.html

(記事)
① 昨年(2020年)、嬉野市体育館内に展示されましたランタン空間作品「宵の美術館 なまずの寝床」は、日本最大規模とのことです。
  このランタン空間作品の作者は、ランタン作家「三上真輝」さんです。

② 嬉野の地に伝わる「白なまず」の伝説は、関係のパンフレット等によりますと、「嬉野の地で古くから竜宮城の乙姫・豊玉姫を祀る豊玉姫神社。白なまずはその遣いとして嬉野川を支配し、郷の守護神である。」などと紹介されています。

③ 繰り返しになりますが、いずれの写真も昨年撮影したものであり、今年(2021年)は体育館での「宵の美術館 なまずの寝床」は開催されていません。



★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「2021 うれしのあったかまつり」、「ランタン作家 三上真輝」等
※コメント欄は、閉鎖させていただいています。お問い合わせ等につきましては、「メールフォーム欄」をご利用ください。
  1. 2021/02/03(水) 00:00:00|
  2. 嬉野市
次のページ

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

●定年退職後からの写歴9年
●ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影
●ブログへの掲載写真の中の一部に作品として位置付けているものには、「作品」とのタイトル

どうぞよろしくお願いします。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所をクリックすると閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

◆九州風景写真ランキング参加:  応援バーナーのクリックはこちら↓

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

いつもあたたかい応援をいただき、感謝しています。これからも頑張ります。

♥お問い合わせ等ご連絡はこちらからお願いします。非公開といたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

「名前」は、ブログ又はハンドル名で結構です。速やかにお返事するよう心がけますので、ご遠慮なくどうぞ。

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
※「作品」 (42)
佐賀市 (287)
唐津市 (52)
鳥栖市 (3)
多久市 (23)
伊万里市 (3)
武雄市 (6)
鹿島市 (10)
小城市 (39)
嬉野市 (16)
神埼市 (26)
吉野ヶ里町 (8)
基山町 (9)
上峰町 (0)
みやき町 (4)
玄海町 (0)
有田町 (4)
大町町 (1)
江北町 (1)
白石町 (2)
太良町 (6)
佐賀県外 (5)
駅舎からの風景 (80)
私からのお知らせ (14)
未分類 (6)
仮分類 (0)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

★写真の公共機関への無償提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。