佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の魅力度アップに寄与する目的で、佐賀の自然、史跡、文化、芸能などを写真でご紹介します。1枚の写真から、佐賀ブレイク!

佐賀にも赤門があるよ(鹿島市)

鹿島高校赤門
佐賀県立鹿島高等学校(赤門学舎)校門
<撮影場所・撮影日>佐賀県立鹿島高等学校(赤門学舎)校門・2019年6月18日

◎新型コロナウイルス対策に係る非常事態宣言等を受けて、写真撮影活動を休止していましたので、ブログに新しく掲載する写真の在庫が少なくなっています。
 このため、今回は、2019年8月21日付けで掲載しました写真について、記事改訂の上、再掲しています。


(記事)
① 前回(2020年6月26日)に続きまして鹿島市での光景です。

② 赤門といえば、東京大学本郷キャンパスに在る国指定重要文化財が一般的ですが、写真のとおり、佐賀にも赤門の学舎があります。

   それは、佐賀県立鹿島高等学校(赤門学舎。2018年に佐賀県立鹿島高等学校と佐賀県立鹿島実業高等学校とが統合され、(旧)鹿島高校は、(新)鹿島高校赤門学舎と呼ばれているようです。)正門です。

   鹿島高校の赤門そばに在る案内板によりますと、この校門として使われている赤門は、佐嘉藩鹿島支藩の鹿島城(正確には、「鹿島陣屋」。)本丸の正門であったものです。
   赤門に取り付けられている金色の紋は、同校校章ではなく、佐嘉藩鍋島家家紋の杏葉紋(ぎょうようもん。よく、抱茗荷紋(だきみょうがもん)と間違われているようですね。)です。

   なお、鹿島高校は、同じ赤門がある東京大学への合格・入学者を輩出している佐賀県内の名門校であり、甲子園ではベスト4(1960年第42回大会)に進出している文武両道の高等学校です。

③ この鹿島高校の校門に続く道には、素晴らしい桜並木があります。いつの日かこの桜並木を撮影したいと願っています。



★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「鹿島高校 赤門」、「鹿島陣屋」、「鍋島家 杏葉紋」等
※コメント欄は、閉鎖させていただいています。お問い合わせ等につきましては、「メールフォーム欄」をご利用ください。
  1. 2020/06/27(土) 00:00:00|
  2. 鹿島市

お田植え祭(祐徳稲荷神社)

お田植え祭


お田植え祭②
お田植え祭
<撮影場所・撮影日>鹿島市祐徳稲荷神社・2019年6月18日

◎新型コロナウイルス対策に係る非常事態宣言等を受けて、写真撮影活動を休止していましたので、ブログに新しく掲載する写真の在庫が少なくなっています。
 このため、今回は、2019年6月23日付けで掲載しました写真について、記事改訂の上、再掲しています。


(記事)
① 佐賀平野では、田植えがほぼ終わりました。
   この写真は、鹿島市に在ります祐徳稲荷神社のお田植え祭の様子になります。

② 祐徳稲荷神社、鹿島市観光協会のホームページ等によりますと、祐徳稲荷神社のお田植え祭は、創建以来330年以上続いていると紹介されています。

③ 当日は、まず、御本殿において祭典お田植の舞が奉納され、その後、御斎田において献穀(けんこく)用のお田植が行われます。

  お田植えは、囃子方の巫女さんのおうたに合わせて、菅笠にかすりを着た早乙女姿の巫女さんが行います。雅楽も奏でられ、日本人にとっての稲作の重要性を感じることができます。

  なお、今年のお田植えは、6月18日に予定されていましたが、悪天候のため21日に変更になったとのことです。

(参考)
 祐徳稲荷神社の全景は、2020年5月23日付け等で掲載しました次の写真などをご参照ください。

祐徳稲荷神社
<撮影場所・撮影日>鹿島市祐徳稲荷神社・2019年6月18日
 

撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で調査されてください。
「祐徳稲荷神社 お田植え祭」等

※コメント欄は、閉鎖させていただいています。お問い合わせ等につきましては、「メールフォーム欄」をご利用ください。
  1. 2020/06/26(金) 00:00:00|
  2. 鹿島市

祐徳稲荷神社のあじさい(鹿島市)

DSC_2085


DSC_2090


祐徳稲荷神社②

祐徳稲荷神社

祐徳稲荷神社のあじさい
<撮影場所・撮影日>鹿島市祐徳稲荷神社・2019年6月18日

◎政府の新型コロナウイルス対策を受けて自制し、写真撮影活動を休止しています。
 このため、ブログ「佐賀風土記」では、過去に掲示した写真に記事を改訂した上で再掲しています。今回は、2019年6月21及び22日付けの再掲になります。
 
 なお、佐賀県では先日、緊急事態宣言が解除されましたが、今月末までは自制し、その時点で状況判断したいと思います。


(参考)
① この写真のあじさいが咲いている場所及び神社の名称は、鹿島市に在ります祐徳稲荷神社になります。

② 紫陽花について、検索しましたところは、紫陽花は2千種類くらいあり、原産国は日本ということのようでした。
   また、あじさいの花の色は、土の酸度によって決まるとされており、土を酸性にすれば青花になり、中性~アルカリ性ではピンク花になるといわれています。

③ 3及び4枚目の写真で撮影されています祐徳稲荷神社は、同神社のホームページによりますと、「日本三大稲荷の一つに数えられ商売繁昌、家運繁栄、大漁満足、交通安全等種々の祈願が絶えず、参拝者は年間300万人に達している。」とされ、これは九州では太宰府天満宮に次ぐといわれています。

   特に、同神社は、タイ国からの観光客が多いことで知られています。
   その理由についてはマスコミ等の報道によりますと、同神社がタイで2014年に公開されて大人気となった映画「Timeline~思い出の手紙~」のロケ地となったことよる影響などということです。
   また、私も視聴しましたが、2年前、タイの人気俳優が出演し、佐賀を舞台にしたNHKドラマ「ガタの国から」(ガタとは、有明海の干潟のこと。)が放映され、これは、その後、世界160か国で放送されたそうです。このようなインパクトがタイの方々に発信され、佐賀、それも祐徳神社に行ってみたいという動機になっていると聞き及んでいます。

  なお、同神社にはタイからおいでになった観光客のために、タイ語で書かれたおみくじもあると聞いていましたところ、今回の撮影の折りこのことが確認できました。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「あじさいの種類」、「祐徳稲荷神社」、「タイ映画 Timeline~思い出の手紙~」、「ガタの国から」等
 
  1. 2020/05/23(土) 00:00:00|
  2. 鹿島市
次のページ

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

●定年退職後からの写歴9年
●ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影
●ブログへの掲載写真の中の一部に作品として位置付けているものには、「作品」とのタイトル

どうぞよろしくお願いします。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所をクリックすると閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

◆九州風景写真ランキング参加:  応援バーナーのクリックはこちら↓

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

いつもあたたかい応援をいただき、感謝しています。これからも頑張ります。

♥お問い合わせ等ご連絡はこちらからお願いします。非公開といたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

「名前」は、ブログ又はハンドル名で結構です。速やかにお返事するよう心がけますので、ご遠慮なくどうぞ。

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
※「作品」 (42)
佐賀市 (294)
唐津市 (52)
鳥栖市 (3)
多久市 (23)
伊万里市 (3)
武雄市 (6)
鹿島市 (10)
小城市 (40)
嬉野市 (16)
神埼市 (27)
吉野ヶ里町 (8)
基山町 (9)
上峰町 (1)
みやき町 (4)
玄海町 (0)
有田町 (4)
大町町 (1)
江北町 (1)
白石町 (2)
太良町 (6)
佐賀県外 (5)
駅舎からの風景 (80)
私からのお知らせ (14)
未分類 (6)
仮分類 (0)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

★写真の公共機関への無償提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。