佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の魅力度アップに寄与する目的で、佐賀の自然、史跡、文化、芸能などを写真でご紹介します。1枚の写真から、佐賀ブレイク!

私からのお知らせ(№8)

私からのお知らせ(№8) 
2019年12月31日

 このブログ「佐賀風土記」は、完全リタイア直後の本年(2019年)4月1日に開設しました。
 本日で2019年は終わります。この区切りに、ブログの運営などについてメモ(個人的な備忘録)を作成しましたので掲載させてください。

1 ブログを開設して良かったこと

 ① 毎日、写真ジャンルを中心に相当数の方々のブログを閲覧させていただいています。
    ブログを開設したことを契機に多数の方の写真を拝見させていただく機会を得た結果、相当高度な技術を有されているバリバリの方をはじめ皆さんの写真への多種多様な取り組み内容を享受でき、大きな収穫を得ることができました。

 ② 近年、出不精となっていましたが、ブログを開設してから、おかげさまで記事を作成するため撮影に出かける機会が多くなりました。

 ③ 私にとってブログの開設は、自分の写真の出来栄えを向上させるための一つのツールになりました。

2 ブログを開設してストレスが生じたこと

 ① ブログ開設当初、「にほんブログ村」のランキング(インポイント)の順位が気になり、どうして自分の写真の評価が上がらないだろうかなどと考え込んだりしていました。

   しかしながら、順位が気にならなくなったとまではいきませんが、最近では、「このランキングは、写真が上手な順位ではない。多くの方にブログを閲覧していただくための一つの仕掛け(目次のようなもの)として活用していくものである。」というように理解しています。
     (備考)FC2のブログ管理画面において表示されているランキングは、バーナーのクリック数には連動しておらず、アクセス数がベースになっているのではないかと推測しています。もし、間違っているのであれば、ご指摘ください。

 ② SNSは、匿名性が高いが故に、端的に言えば、炎上の危険性があります。
    ブログを開設して直ぐに、私宛に、ブログを面白くするためには「正確かどうかなど二の次なのです。」というコメントが入りました。
    私は、不特定多数の方が相手とはいえ、正確性を欠く記事を発信することはできませんし、それはあってはならないことです。
    まだ行き届いてはいないと思いますが、記事の内容には正確性を期すとともに、著作権、肖像権、パブリシティ権などを侵害しないよう万全の注意を払いたいと思います。

 ③ 一方で、最近では閲覧していただている方から、友好的なコメントをいただいています。これに対するお返事のほか、私の方から先にコメントをさせていただくこともあります。
    このコメントに関しては、相手の方がご不快になられないように気をつけていますが、老人の成せる業なのか、あるいは所属しているクラブの月例での批評会と勘違いし、つい、依頼されていないにもかかわらず、相手の方の写真を批評してしまったことなど、過干渉なコメントがあったことを反省しています。
    なお、私の写真については、技術向上の観点からの辛口の批評をドシドシお願いしたいと思っていますので、遠慮なくお願いいたします。

3 今後の課題、目標など

 ① 今後の課題、目標は、ブログ開設の目的からみて、閲覧していただける方の数を増やしていくことだと思っています。
    このために様々な工夫と努力をして、その結果として、1年後の閲覧者数を現在の50パーセント増につなげたいと思っています。
 
 ② 自分の写真をFC2ブログにアップしたら、感覚的なことかもしれませんが、元の画質が暗くなり、また、ノイズのようなものがみられるときがあります。
    もし、FC2ブログに要望できるとしたら、より一層、画質の良い土俵を用意していただければありがたいと思いますが、皆さんいかがでしょうか。

③ 最後に差し出がましくなってしまい失礼ですが、ごく少数のブログにおいて、サイト表示速度時間がとても長いものを見かけます。
   素晴らしい写真を掲載しておられても、サイト表示速度時間が長いと、アクセスの途中でキャンセルされる方もおられると思います。もったいないです。
   サイト表示速度時間の自己診断については、測定できるフリーソフトがネットで提供されていますので、ご利用になられたらいかがでしょうか。


<お知らせ>
① ランキング参加は、新年から「日本ブログ村」のみとします。
② ブログ更新は、予約投稿で対応していますところ、新年からは、時間設定は、原則、午前0時とすることにします。
  1. 2019/12/31(火) 00:00:00|
  2. 私からのお知らせ

お正月の準備は始められましたか(佐賀市)

ほんげんぎょう

ほんげんぎょう(鬼火たき)
<撮影場所・撮影日>佐賀市・2018年1月7日


(記事)
① 令和元年はあと2日を残すのみとなりました。
   お正月の準備は始められましたでしょうか。

② お正月のおご馳走として、佐賀牛のほか、魚介類(お刺身)、蓮根、干柿、蜜柑、イチゴ、海苔などたくさんの佐賀の特産品があります。
   それに忘れてはならないものが佐賀の日本酒です。
   どうぞお正月用品として、佐賀の特産品をお求めください。

③ 写真は、私が居住する小学校の校庭で毎年行われる「ほんげんぎょう(鬼火たき)」です。
   昔から佐賀の地域の正月の伝統行事として、毎年1月7日の早朝に行われてきたものであり、1年の無病息災などを祈願します。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「佐賀 ほんげんぎょう」等
  1. 2019/12/30(月) 12:00:00|
  2. 佐賀市

ウォールアート⑦(多久市)

WA13

池辺貴惠(宮崎)作:京町1丁目(旧大和和装)
<撮影場所・撮影日>多久市京町1丁目・2019年12月4日


WA14

瀬戸口優子(厳木(きゅうらぎ))作:都通り(I邸)
<撮影場所・撮影日>多久市都通り・2019年12月4日


(記事)
① 多久市のウォールアートは、世界で唯一、木工用ボンドを使って描く「画家 冨永ボンド」さんが委員長の「エノグアートプロジェクト実行委員会」のプロジェクトです。
   ウォールアートのシリーズ7回目になります。
   なお、掲載のウォールアートの説明(下記②&③)は、エノグアートプロジェクト実行委員会のパンフレットでの記載を基にしています。

② 1枚目の写真は、オーナーが長年ピアノの先生をされており、鍵盤をモチーフとした作品です。和やかでポップで可愛らしい生命力溢れるシャッターが完成しました。

③ 2枚目の写真は、オーナーからの誰でも立ち寄りやすい明るい可愛らしい作品の希望を受け、大きな木、ベンチ、鳥、花、動物などが描かれました。

   今回、掲載しましたウォールアートは、こどもたちから親しまれるメルヘンの世界になりました。

<備考>
 今回、ウォールアートを撮影し、ブログに掲載することについては、事前に、エノグアートプロジェクト実行委員会委員長の冨永ボンドさんのご承認をいただいております。快くご承認いただきお礼を申しあげます。

 ブログを閲覧していただいた方々に、多久市のウォールアートに興味を持っていただき、多久市をご訪問いただくことを期待しています。
 インスタ映えしますよ!

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
① 「多久市ウォールアートプロジェクト」、「冨永ボンド」、「冨永ボンド 公式ホームページ・ツイッター・フェイスブック」
② 「池辺貴惠」
③ 「瀬戸口優子」
  1. 2019/12/29(日) 12:00:00|
  2. 多久市

ウォールアート⑥(多久市)

WA11

冨永ボンド(多久)作:居酒屋心(看板)
<撮影場所・撮影日>多久市居酒屋心・2019年12月4日


WA12

池田明後日(佐賀)作:居酒屋心(国道沿い)
<撮影場所・撮影日>多久市居酒屋心・2019年12月4日


(記事)
① 多久市のウォールアートは、世界で唯一、木工用ボンドを使って描く「画家 冨永ボンド」さんが委員長の「エノグアートプロジェクト実行委員会」のプロジェクトです。
   ウォールアートのシリーズ6回目になります。
   なお、掲載のウォールアートの説明(下記②&③)は、エノグアートプロジェクト実行委員会のパンフレットでの記載を基にしています。

② 1枚目の写真は、多久市で一番交通量が多い交差点に在る居酒屋の入口の看板の上方に描かれたコンセプチュアルアート看板です。このコンセプトは、作品を描いた冨永ボンドさんの「人の輪のつながり RING」になります。

   ここでニュースです。冨永ボンドさんは、2019年12月26日、自らのツイッターにおいて「東京オリンピック2020  聖火ランナーに選ばれました」ということを紹介されています。⇒https://twitter.com/BONDGRAPHICS
   このツイッターの中で、冨永さんは「アートの力で社会へ貢献する」という信念を披露されています。まさに、このコンセプチュアルアートがこのことを表現していると思います。

③ 2枚目の写真は、1枚目の写真と同じ居酒屋の国道沿いに位置する焦茶色のトタン板へのペイントです。
   目に見えるがつかむことができないものをコンセプトにする作家が描かれたもので、浮き雲がモチーフです。居酒屋のお客様や幸運が雲に乗ってやってくるようにという想いが込めれれているものです。

<備考>
 今回、ウォールアートを撮影し、ブログに掲載することについては、事前に、エノグアートプロジェクト実行委員会委員長の冨永ボンドさんのご承認をいただいております。快くご承認いただきお礼を申しあげます。

 ブログを閲覧していただいた方々に、多久市のウォールアートに興味を持っていただき、多久市をご訪問いただくことを期待しています。
 インスタ映えしますよ!

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
① 「多久市ウォールアートプロジェクト」、「冨永ボンド」、「冨永ボンド 公式ホームページ・ツイッター・フェイスブック」
② 「冨永ボンド:www.bondgraphics.com/」
③ 「池田明後日:www.facebook.com/macro.mauro」
  1. 2019/12/28(土) 12:00:00|
  2. 多久市

ウォールアート⑤(多久市)

WA9

早川康司(久留米)作:Barばらーど
<撮影場所・撮影日>多久市Barばらーど・2019年12月13日


WA10

倉崎稜希(福岡)作:都通り(ばら園)
<撮影場所・撮影日>多久市都通り(ばら園)・2019年12月4日


(記事)
① 多久市のウォールアートは、世界で唯一、木工用ボンドを使って描く「画家 冨永ボンド」さんが委員長の「エノグアートプロジェクト実行委員会」のプロジェクトです。
   ウォールアートのシリーズ5回目になります。
   なお、掲載のウォールアートの説明(下記②&③)は、エノグアートプロジェクト実行委員会のパンフレットでの記載を基にしています。

② 1枚目の写真は、JAZZ BARの店舗の壁面にモノクロでシックなイメージでペイントされています。刷毛のスピード感のある筆跡でダイナミックに描かれています。
   さて、ジャズがお好きな方は、このカルテットの奏者の名前がもうお分かりでしょうね。
   なお、掲載した写真は、RAW現像の際、エネルギシュさなどを表すため、「粒状」を強めに入れたことをお断りします。  

③ 2枚目の写真は、都通りに在る小さな憩いの広場の素敵なバラ園にバラと女性をモチーフにして描かれたパネルです。
   バラの花が咲く季節に撮影できなかったことが残念です。また、その季節に訪れたいと思います。


<備考>
 今回、ウォールアートを撮影し、ブログに掲載することについては、事前に、エノグアートプロジェクト実行委員会委員長の冨永ボンドさんのご承認をいただいております。快くご承認いただきお礼を申しあげます。

 ブログを閲覧していただいた方々に、多久市のウォールアートに興味を持っていただき、多久市をご訪問いただくことを期待しています。
 インスタ映えしますよ!

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
① 「多久市ウォールアートプロジェクト」、「冨永ボンド」、「冨永ボンド 公式ホームページ・ツイッター・フェイスブック」
② 「早川康司」
③ 「倉崎稜希:https://ryokikura.wixsite.com/ryoki」
  1. 2019/12/27(金) 12:00:00|
  2. 多久市

夢フェスタひょうご2019③(佐賀市)

トンボ池⑥


トンボ池⑦


トンボ池⑧

夢フェスタひょうご2019
<撮影場所・撮影日>佐賀市兵庫北トンボの池公園・2019年12月23日

(記事)
① 佐賀市兵庫北トンボの池公園内にペットボトルランタンによる千人千灯や巨大なクリスマスツリーなどが飾られています。

② これは、市報さが(2019年12月15日号)によりますと、「夢フェスタひょうご2019」というイベントで、地域住民などの方々のご協力による特定非営利活動法人夢の里兵庫の主催によるイルミネーションです。
   開催は、2019年12月22日から2020年2月14日まで(点灯時間17:30~22:00)と案内されています。

③ 私が撮影に出向いたときは、笑顔の家族連れ、お熱いカップル、そしてワンちゃんと一緒に散歩中の高齢の方などがイルミネーションを楽しまれていました。
   私は、三脚なしのスマホ撮影の方にシャッターを切ってあげてサポートしましたが、あとは、お一人様で黙々と「どう撮影したらよいか。」など考えながらのしかめっ面で撮影を続けました。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「夢フェスタひょうご2019」、「佐賀市 トンボの池公園」等
  1. 2019/12/26(木) 12:00:00|
  2. 佐賀市

夢フェスタひょうご2019②(佐賀市)

トンボ池③


トンボ池⑤


トンボ池④

夢フェスタひょうご2019
<撮影場所・撮影日>佐賀市兵庫北トンボの池公園・2019年12月23日


(記事)
① 佐賀市兵庫北トンボの池公園内にペットボトルランタンによる千人千灯や巨大なクリスマスツリーなどイルミネーションが飾られています。

② これは、市報さが(2019年12月15日号)によりますと、「夢フェスタひょうご2019」というイベントで、特定非営利活動法人夢の里兵庫の主催による地域住民などの方々のご協力によるものです。
   開催は、2019年12月22日から2020年2月14日まで(点灯時間17:30~22:00)と紹介されています。

③ 1・2枚目の写真は、ペットボトルランタンによる千人千灯です。地域の方々による手作りが素晴らしいです。
   見聞したところによりますと、地元の保育園の園児もペットボトルランタンの作成に参加しているようで、こどもとおとなとの繋がり、そしてこのイベントによる地域の方の繋がりが素晴らしいと感じました。
   3枚目の写真は、1枚目の写真の右手に見える巨大なクリスマスツリー(その巨大さは、昨日掲載の写真で確認できます。)の下部の方の部分写真です。
   竹細工、そして、ペコちゃん、一休さん、私の子供のころのヒーローだった鉄人28号の人形が置かれていました。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「夢フェスタひょうご2019」、「佐賀市 トンボの池公園」等
  1. 2019/12/25(水) 12:00:00|
  2. 佐賀市

夢フェスタひょうご2019①(佐賀市)

トンボ池①


トンボ池②

夢フェスタひょうご2019
<撮影場所・撮影日>佐賀市兵庫北トンボの池公園・2019年12月23日


(記事)
① 今夜は、クリスマスイブ。サンタさんは大忙し。こどもたちはソワソワ。

② 巨大なクリスマスツリーが、佐賀市兵庫北トンボの池公園内にデコレーションされています。
   そのほか、ペットボトルランタンによる千人千灯などイルミネーションが飾られています。

③ 市報さが(2019年12月15日号)によりますと、「夢フェスタひょうご2019」というイベントで、特定非営利活動法人夢の里兵庫の主催による地域住民などの方々のご協力によるものです。
   開催は、2019年12月22日から2020年2月14日まで(点灯時間17:30~22:00)と紹介されています。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「夢フェスタひょうご2019」、「佐賀市 トンボの池公園」等
  1. 2019/12/24(火) 12:00:00|
  2. 佐賀市

まちなかでボルダリングができる(多久市)

JR多久駅

JR多久駅
<撮影場所・撮影日>JR多久駅・2019年12月13日


あいぱれっと

あいぱれっと<撮影場所・撮影日>多久市あいぱれっと・2019年12月13日


(記事)
① 1枚目の写真は、JR多久駅です。同駅は、駅周辺で実施された土地区画整理事業の一環として、2008年(平成20年)1月27日に新駅に移転(運用)されました。

② 2枚目の写真は、JR多久駅と併設(1枚目の写真の左側の建物内になります。)した多久市まちづくり交流センター・あいぱれっとの中に設置されているボルダリング施設です。
   あいぱれっとは、(一社)たく21のホームページによりますと、ボルダリングのほか、会議室、図書・ラウンジコーナー、ふれあいコーナーなどが設けられており、まちなかに交流人口を呼び込み、賑わいをもたらす施設として位置づけられています。

③ 今回、私が、あいぱれっとのボルダリング施設に興味を持った理由は、ⅰ)以前から、地元の佐賀県立多久高校がスポーツクライミング(ボルダリング)の強豪校であることを知っていたこと、ⅱ)このように地元の高校に強いスポーツ種目があると、まちのこどもたちがボルダリングに興味を持つだろうと思ったこと、ⅲ)そして、興味を持ったこどもたちのために、まちなかで利用できるボルダリング施設が提供されていることによって、もっともっとボルダリングが盛んになり、そして地元の小・中・高校が強くなるのではないか、これこそまちづくりにも繋がるものだと感じたことによるものです。

   今日(2019年12月23日)の地元の新聞報道によりますと、佐賀県立多久高校は、第10回全国高校選抜スポーツクライミング選手権大会の学校別団体(リード競技)で、女子は2連覇を果たし、男子も昨年に続き4位に入賞しています。
   益々、多久のこどもたちがボルダリングに興味を持ってあいぱれっとのボルダリングを利用するだろうなと思いました。

   なお、あいぱれっとのボルダリング施設については、建物内にあることから関係の方に撮影及びブログ掲載のご承認をいただいています。

★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「多久市まちづくり交流センター・あいぱれっと」、「ボルダリング」等
  1. 2019/12/23(月) 12:00:00|
  2. 多久市

朝焼けに映える棚田(佐賀市)

棚田払暁之景

朝焼けに映える棚田
<撮影場所・撮影日>佐賀市富士町・2016年5月21日


(記事)
① 季節外れにはなりますが、私の定点撮影箇所の朝焼けに映える棚田の光景を掲載しました。

② 山並みと写真奥に在る人造湖が影響するのかどうかは分かりませんが、この季節、こちらではよく朝焼けと雲海とまではいきませんがそのようなものを見ることができます。

③ ハーフフィルターを使っていますが、どうもその使用方法が未熟のようです。私の場合、上手にできないので安易な使用は差し控えた方が良いかもしれません。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「棚田百選  (佐賀)」等
  1. 2019/12/22(日) 12:00:00|
  2. 佐賀市
次のページ

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

〇定年退職後からの写歴8年。ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影。
〇ブログに掲載しています写真の中の一部に拙いですが「作品」として位置付けているものには「作品」とのタイトル。
〇佐賀県美術展(写真)、その他公募展等の入選、入賞実績がありますが、まだまだ未熟。

★写真の公共機関への無償提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所をクリックすると閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

◆九州風景写真ランキング参加:  応援バーナーのクリックはこちら↓

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

いつもあたたかい応援をいただき、感謝しています。これからも頑張ります。

♥お問い合わせ等ご連絡はこちらからお願いします。非公開といたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

速やかにお返事するよう心がけます。

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
※「作品」 (37)
佐賀市 (213)
唐津市 (47)
鳥栖市 (3)
多久市 (14)
伊万里市 (2)
武雄市 (5)
鹿島市 (10)
小城市 (34)
嬉野市 (9)
神埼市 (22)
吉野ヶ里町 (7)
基山町 (6)
上峰町 (0)
みやき町 (2)
玄海町 (0)
有田町 (4)
大町町 (1)
江北町 (1)
白石町 (2)
太良町 (5)
佐賀県外 (4)
私からのお知らせ (12)
未分類 (1)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

お知らせ:にほんブログ村読者登録バナー

にほんブログ村で「読者登録」システムが始まりました。よろしければ、ブログ「佐賀風土記」を読者登録していただければ嬉しく思います。

佐賀風土記 - にほんブログ村