佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の魅力度アップに寄与する目的で、佐賀の自然、史跡、文化、芸能などを写真作品でご紹介します。1枚の写真から、佐賀ブレイク!

私からのお知らせ(№9)

私からのお知らせ(№9) 
2020年2月29日

① 現在、日本のみならず世界的に新型コロナウイルス(COVID-19(coronavirus disease 2019)」に感染する方が増加してきています。
   昨日(2020年2月28日)、我が国の総理大臣は、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校において全国一斉の臨時休業を行う旨要請しました。

② 佐賀県におきましては、現時点までは新型コロナウイルスの感染者は公表されていません。
   しかしながら、私自身は、最近では人混みを避けて写真撮影していました。
   今後は、小学校等が臨時休業されることを受け、不要不急の外出を控える趣旨から写真撮影のための外出をより制限することとしました。

③ これまで、ブログ「佐賀風土記」は、2019年4月1日の開設以降、昨年の夏の夏季休暇及び佐賀県地方を襲った豪雨の復旧期間中の自粛以外は、毎日、更新していました。
   今後、写真撮影のための外出をより制限することから、毎日の更新が困難になること(不定期の更新)をお知らせします。

④ ブログを閲覧していただける方には、いつも応援のクリックをいただき、本当にうれしく思っています。
   当分の間、毎日の更新はできませんが、引き続き、閲覧していただき、応援のほどよろしくお願いいたします。

⑤ 昨年3月末、完全リタイアしましたので時間の余裕ができ、今春の桜の撮影に向けて張り切っていました。
   残念ながら、いつまで写真撮影のための外出が制限されるか分かりませんが、ぜひとも、早期に新型コロナウイルスの感染が収束することを願っています。
   どうぞ皆様方におかれましても、十分な感染対策をなされますようお願いします。


 今回は、桜が開花する頃には、新型コロナウイルスの脅威が消滅することを願って夜桜の光景(撮影は2015年です。)を掲載します。

DSC_4201

巨石パークの夜桜
<撮影場所・撮影日>佐賀市大和町巨石パーク・2015年3月30日
  1. 2020/02/29(土) 00:00:00|
  2. 私からのお知らせ
  3. | コメント:2

春はすぐそこまでだけど(佐賀市)

金立梅①


金立梅②

春はすぐそこまでに
<撮影場所・撮影日>佐賀市金立公園・2020年2月13日

(記事)
① 佐賀市金立(きんりゅう)公園に梅の花などの撮影に出かけました。もうすぐ春という光景です。
   なお、1枚目の写真に写っている建物は、「夢郷庵」という名称であり、地元の建設会社の社長の別荘として建設されたものが市に寄贈されたものです。  

② 今回は、ハイキーとまではいきませんが明るめにRAW現像してみました。

③ ここのところ、残念ながら新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で日本のみならず世界的な騒ぎになってしまっています。
   マスク、消毒液などが手に入らない状況になっており、日常生活に影響が出ないか心配になります。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「佐賀市 金立公園」等
  1. 2020/02/28(金) 00:00:00|
  2. 佐賀市
  3. | コメント:0

鉄塔 君は僕のモチーフ⑧(佐賀市)

鉄塔:DSC_1145

縄文の湖から見える鉄塔風景①
<撮影場所・撮影日>佐賀市巨瀬川調整池・2020年2月22日


鉄塔:DSC_1266

縄文の湖から見える鉄塔風景②
<撮影場所・撮影日>佐賀市巨瀬川調整池・2020年2月22日

(記事)
① 定点撮影箇所にしている巨瀬川調整池(愛称:縄文の湖)の堰堤から見える鉄塔風景を撮影しました。

② 1枚目及び2枚目の写真は、いずれも撮影位置は同じですが、1枚目は日の入り前、2枚目は日没後になりますので趣が異なっています。
   なお、撮影日は異なっています。

③ 鉄塔風景写真は、以前から私の好きな題材となっていますところ、昨年秋のNHK「みんなのうた 鉄塔」の南壽(なす)あさ子さんの歌に合わせ放映された鉄塔の写真を撮影された「鉄塔風景写真家 藤村里木」さんに誘発されブームになってます。
   今回が8回目の掲載になり、「鉄塔 君は僕のモチーフ」という文言は、この歌詞最後のフレーズです。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「佐賀市 巨瀬川調整池」、「NHK みんなのうた 鉄塔」等
  1. 2020/02/27(木) 00:00:00|
  2. 佐賀市
  3. | コメント:2

満開の梅に雪が舞う(佐賀市)

DSC_0515

満開の梅に雪が舞う
<撮影場所・撮影日>佐賀市富士町権現山神社・2020年2月17日

(記事)
① 佐賀市富士町権現山には、この地にある古湯温泉を発見したといわれている徐福を湯の神として祀っている神社があります。
   この佐賀市の奥座敷として知られる古湯温泉は、関係のホームページによりますと、単純泉で鉱味をおび無色透明無臭無味で、全国的にもすぐれた温泉として折紙をつけられていると紹介されています。

② ツイッターをフォローさせていただいている方から、権現山神社の謂れや同神社鳥居横の梅の花満開になっていることなどを教えていただきましたので、早速、出かけました。
   この写真の鳥居から少々登って行くと祠があり、木像が祀られています。

③ 権現山神社に出かけた日は、雪が降っていましたので、雪が降っている様子を確りと撮影したかったので内蔵フラシュを使用しました。
   なお、シャッター速度は100分の1秒になっており、やや強かった横風に乗った降雪が表現できたと思います。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「佐賀市 古湯温泉」、「佐賀市富士町 権現山神社」、「徐福」等
  1. 2020/02/26(水) 00:00:00|
  2. 佐賀市
  3. | コメント:4

メジロ撮影 リベンジならず(佐賀市)

メジロ④


メジロ⑤

もう少し羽を拡げたところが
<撮影場所・撮影日>佐賀市高木瀬・2020年2月21日

(記事)
① 目白が羽を広げている様子の撮影に再挑戦しましたが、残念ながら合格点には至りませんでした。

② 撮影要領は掴めましたが、一番のネックは、目白が木に止まっている手前側(つまり、目白の位置とレンズとの間)に木の枝などが被ってきてしまい、目白が木に止まってくれても重なってしまうことが多いです。

③ 2枚目の写真の目白君の眼をご覧ください。
   目白が椿の花の蜜を吸っている様子ですが、私が狙っていることが気に入らないと見えて、不機嫌な目つきをして怒っているようです。

【広告・スポンサーリンク】

  1. 2020/02/25(火) 00:00:00|
  2. 佐賀市
  3. | コメント:4

黄金色の光を浴びて(佐賀市)

鷺

黄金色の光を浴びて
<撮影場所・撮影日>佐賀市巨瀬川調整池・2020年2月21日

(記事)
① おなじみの佐賀市巨瀬川調整池(愛称:縄文の湖)で、黄金色の夕陽を浴びた鳥さん達を撮影しました。

② 鴨さんの中に鷺さんも仲間に入ってきています。鴨は植物食、鷺は魚やカエル、ザリガニなどを食し、食性が異なりますので共存できていると思います。

③ 望遠レンズ(600mm)を使用し更にクロップしています。鳥さん達に近づきすぎると 逃げちゃいますので、こっそりこっそりと用心しながらの撮影です。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「巨瀬川調整池」、「鴨・鷺 食性」等
  1. 2020/02/24(月) 00:00:00|
  2. 佐賀市
  3. | コメント:0

いろは島の夕景(唐津市肥前町)

いろは島

いろは島の夕景
<撮影場所・撮影日>唐津市肥前町国民宿舎いろは島付近・2013年2月11日

(記事)
① この写真の撮影場所は、唐津市肥前町に在る「民営国民宿舎いろは島」のそばの砂浜です。
   撮影した季節は2月になりますが、この日は暖かったことを記憶しています。

② こちらの砂浜には海水浴場があり、夏は子供たちでにぎわっています。
   また、約25年前になりますが、当時は魚釣りのポイントがあり、よく釣りに行っていました。

③ 夕陽を浴びて黄金色に輝いている中に、人物がシルエットで浮かんでいるところを撮影できました。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「民営国民宿舎いろは島」等
  1. 2020/02/23(日) 00:00:00|
  2. 唐津市
  3. | コメント:2

牛尾梅林(最終回)(小城市)

DSC_0498_convert


牛尾⑨


牛尾⑩

牛尾梅林④
<撮影場所・撮影日>小城市牛尾梅林・2020年2月18日

(記事)
① 小城市の牛尾梅林には、(一社)小城市観光協会のホームページによりますと、小高い丘の斜面22ヘクタールに約5千本の梅があると紹介されています。

② 1枚目と2枚目の写真は、いずれも広角レンズ(AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED)の14mm域を使用し、下の方からあおってみました。
   梅の木の広がりが捉えられたではないでしょうか。

③ 3枚目の写真は、梅の木の枝の広がりを正面から捉えました。
   レンズの違いで趣の異なる絵作りにしました。

   なお、背景の山は、佐賀平野のどの位置からも眺めることができる標高1,046mの天山になります。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「小城市 牛尾梅林」等
  1. 2020/02/22(土) 00:00:00|
  2. 小城市
  3. | コメント:2

牛尾梅林③(小城市)

牛尾⑦


牛尾⑥

牛尾梅林③
<撮影場所・撮影日>小城市牛尾梅林・2020年2月18日

(記事)
① 小城市の牛尾梅林には、(一社)小城市観光協会のホームページによりますと、小高い丘の斜面22ヘクタールに約5千本の梅があると紹介されています。

② いずれの写真にも私の好みの鉄塔が画面中央に堂々と入っています。
   風景写真では、一般に工作物が画面に入ることは敬遠されますが、私の場合、スパイスとして鉄塔を取り入れています。

③ 撮影した日は、気温は摂氏8度程度だったと思いますが、午後からは晴れて青空が見え気持ちが良かったです。

  この写真とは直接関係ありませんが、私が撮影していた近くで「キレンジャク&ヒレンジャク」という野鳥を撮影されていた方がおられました。
  会話を交わさせていただいたところ、なんと熊本から遠征されているとのことでした。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「小城市 牛尾梅林」、「キレンジャク ヒレンジャク」等
  1. 2020/02/21(金) 00:00:00|
  2. 小城市
  3. | コメント:0

牛尾梅林②(小城市)

牛尾③


牛尾④


牛尾⑤


牛尾梅林②
<撮影場所・撮影日>小城市牛尾梅林・2020年2月18日

(記事)
① (一社)小城市観光協会のホームページによりますと、小城市の牛尾(うしのお)梅林には、小高い丘の斜面22ヘクタールに約5千本の梅があると紹介されています。

② 1枚目の写真で見られるように古木がたくさんありますが、一方で若い苗木を植えてある区域もあります。

   2枚目の写真の背景の山は、両子山(ふたごやま)です。この山は、奈良時代初期に編纂された肥前国風土記の小城郡(おきのこおり)に記されている「烽一所」(とぶひひとところ)に比定されています。つまり、大宰府との烽火による通信網を司っていた箇所といわれています。
   歴史の重みをモノクロで表現しました。   

③ 3枚目の写真は、牛尾梅林の第一駐車場から佐賀市内を望んだ光景です。
   この駐車場には、毎年秋のバルーンフェスタの時期に、逆光に映えるバルーンを捉まえようとするカメラマンが夜中から場所取りをし、大砲級の望遠レンズが並べられると聞いています。
   写真左手の方向にバルーン会場があります。   

   なお、私は、大砲級の望遠レンズで狙うのであれば、カメラマンで混まない場所を知っています。メールフォームからお問い合わせがあれば、ご紹介します。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「小城市 牛尾梅林」、「肥前国風土記」、「多久市 両子山」等
  1. 2020/02/20(木) 00:00:00|
  2. 小城市
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

〇定年退職後からの写歴8年です。ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影しています。
〇佐賀県美術展(写真)、その他公募展等の入選、入賞実績がありますが、まだまだ未熟です。
〇ブログには、自分で「作品」として位置付けているものも掲載しますので、ご忌憚のないご批評よろしくお願いいたします。

★写真の公共機関への無償提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所のクリックで閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

◆九州風景写真ランキング参加: バーナーのクリックは↓

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

♥具体的なお問い合わせ等は、こちらからです⇒「非公開依頼」と明記してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
佐賀市 (179)
唐津市 (40)
鳥栖市 (3)
多久市 (14)
伊万里市 (1)
武雄市 (4)
鹿島市 (7)
小城市 (31)
嬉野市 (9)
神埼市 (18)
吉野ヶ里町 (7)
基山町 (5)
上峰町 (0)
みやき町 (2)
玄海町 (0)
有田町 (2)
大町町 (1)
江北町 (1)
白石町 (2)
太良町 (3)
佐賀県外 (3)
私からのお知らせ (10)
未分類 (0)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する