佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の魅力度アップに寄与する目的で、佐賀の自然、史跡、文化、芸能などを写真でご紹介します。1枚の写真から、佐賀ブレイク!

近代司法の父(江藤新平)

江藤新平


江藤新平卿之像(佐賀市神野(こうの)公園)


<撮影場所・撮影日時>
佐賀市神野公園・2019年6月14日14時頃
<撮影データ>
Nikon D810・35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)
絞り優先AE・f8・SS 1/80・ISO64

(参考)
① 昨日(2019年7月18日)、島義勇を挙げましたが、島義勇は、江藤新平がリーダーとなった佐賀戦争(1874年。佐賀の乱、佐賀の役とも呼ばれる。)に加わっています。この関連で、今日は江藤新平をご紹介します。
② 近代司法の父と呼ばれている江藤新平は、三権分立、四民平等を唱え、また、民法の制定に尽力しており、明治政府初代の司法卿に就いています。
  江藤新平は、佐嘉藩出身者で唯一「維新の十傑」に挙げられるなど、その功績は非常に高く評価されています。
③ しかしながら、征韓論を巡る権力闘争(政争)に敗れ、その後、佐賀に帰郷し、本意とは相違したことに流されるまま、佐賀戦争のリーダーとなり、その責任を負って刑に処せられてしまいました。
  なお、その15年後には賊名を解かれ、特に、最近では、様々な歴史研究の結果、佐賀戦争の経緯や江藤新平の功績を見直す動きが盛んになっています。

<撮影地付近の佐賀の物産品等>
① 江藤新平に係る書籍としては、司馬遼太郎の「歳月」という歴史小説が著名です。これは、文庫本でも分厚いものですが、一気に読破してしまいました。
② ウィキペディア(Wikipedia)によりますと、この小説の原題は「英雄たちの神話」だったそうですが(小説「現代」での連載。)、単行本が出版された際、どういう経緯、理由などで「歳月」というタイトルになったか、私には分かりません。ご存じの方は教えてください。
③ 江藤新平の大ファンの私は、ⅰ)江藤新平は、世に出る前、佐嘉藩の掟を破り上洛のために脱藩しており、本来なら切腹のところ、藩主の計らいで佐嘉城下から遠く離れたところの山中の寺院等での蟄居処分を受けていますが、その蟄居期間が56年という歳月、ⅱ)上記に記述しましたとおり、江藤新平は解かれたとはいえ、一旦は賊名を着せられ、長年の歳月、乱の首領としてのイメージがあったことなどと推測していますが、いかがでしょうか。


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「江藤新平」、「佐賀戦争」、「司馬遼太郎 歳月」、「維新の十傑」、「神野公園」等
  1. 2019/07/19(金) 14:29:52|
  2. 佐賀市

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

〇定年退職後からの写歴8年。ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影。
〇ブログに掲載しています写真の中の一部に拙いですが「作品」として位置付けているものには「作品」とのタイトル。
〇佐賀県美術展(写真)、その他公募展等の入選、入賞実績がありますが、まだまだ未熟。

★写真の公共機関への無償提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所をクリックすると閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

◆九州風景写真ランキング参加:  応援バーナーのクリックはこちら↓

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

♥お問い合わせ等ご連絡はこちらからお願いします。非公開といたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

速やかにお返事するよう心がけます。

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
※「作品」 (35)
佐賀市 (206)
唐津市 (47)
鳥栖市 (3)
多久市 (14)
伊万里市 (2)
武雄市 (5)
鹿島市 (10)
小城市 (34)
嬉野市 (9)
神埼市 (22)
吉野ヶ里町 (7)
基山町 (6)
上峰町 (0)
みやき町 (2)
玄海町 (0)
有田町 (4)
大町町 (1)
江北町 (1)
白石町 (2)
太良町 (5)
佐賀県外 (4)
私からのお知らせ (12)
未分類 (1)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

お知らせ:にほんブログ村読者登録バナー

にほんブログ村で「読者登録」システムが始まりました。よろしければ、ブログ「佐賀風土記」を読者登録していただければ嬉しく思います。

佐賀風土記 - にほんブログ村