佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを写真作品でご紹介し、佐賀の魅力度アップに貢献できるよう頑張ります。

朽ちた桟橋にだってブルーアワーはあるよ(唐津市波戸岬)

波戸崎(桟橋)


ブルーアワーの桟橋(唐津市波戸岬)


<撮影場所・撮影日時>
鎮西町波戸岬・2015年4月9日18時半頃
<撮影データ>
Nikon D800E・AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
絞り優先AE・f8・SS 1/10・ISO100・SLIK プロ330DXⅡ(雲台改造)


(参考)
 これは以前、桟橋として使用されていたものだと思いますが、今は朽ちてしまっています。
 当時はどのような用途だったでしょうか。現在は、様々なカメラマンにとって、格好の被写体となって活躍してくれています。

<この写真 私の心・技・体>
① 写真撮影でいうところの「ブルーアワー」とは、日没後や日の出前に、太陽が姿を消しているため、限りなく影の無い状態が作り出される時間帯のことです。
② この写真の場合は、日没前ではありますが、曇天であり、太陽が雲の間にあるところから、光が弱く、ブルーアワーとほぼ同様な色合いになっています。
③ この場所は、2019年4月20日付けでアップした写真と同じ場所(構図)になりますが、その際は「マジックアワー」(日没前、日の出後に数十分ほどの時間帯。)状態でした。
   このため、この両者の写真の雰囲気はまったく異なったものになっています。ここが写真の面白味のあるところであり、反面、思うようにはいかないところでしょうか。
   皆さんは、どちらがお好みでしょうか。なお、よろしければ、2枚の写真の水平線の位置の違いを見ていただき、その違っている理由を感じていただければ、嬉しいです。



(参考のために、2019年4月20日付けでアップした写真を再掲します。)
波戸岬


<撮影場所・撮影日時>
唐津市鎮西町・2015年3月28日19時頃
<撮影データ>
Nikon D800E・Ai NIKKOR 24mm f/2.8S
絞り優先AE・f11・SS1/50・ISO100・SLIK プロ330DXⅡ(雲台改造)


 <撮影地付近の佐賀の物産品等>
① この波戸岬には、キャンプ場が開設されています。夏休みに入りましたので、多くの利用者が来場されるでしょう。
② 私には詳細なことは分かりかねますが、キャンプ場の利用には予約が必要のようです。漏れのない事前準備をされてから出向かれてください。
  (参考)佐賀県のクレジットがある「波戸岬キャンプ場」のホームページ
       https://www.hadomisaki-camp.jp/


【広告・スポンサーリンク】



★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「波戸岬」、「波戸岬キャンプ場」等
  1. 2019/07/21(日) 00:10:00|
  2. 唐津市
  3. | コメント:0
<<ブルーアワーにたたずむ自転車(佐賀市縄文の湖) | ホーム | 恋人の聖地(唐津市波戸岬)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

ふるさと「佐賀」を撮影しています。
・写真歴 7年
・佐賀県美術展(写真)入選3回
・その他佐賀県写真協会公募展等の入賞実績

★公共機関への提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

次のいずれも「カテゴリ」欄の該当箇所のクリックで閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)      ■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

♥お問合せは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

広告:amazonお買い得情報リンク

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
私からのお知らせ (7)
佐賀市 (77)
唐津市 (20)
鳥栖市 (3)
多久市 (1)
伊万里市 (1)
武雄市 (4)
鹿島市 (6)
小城市 (15)
嬉野市 (2)
神埼市 (12)
吉野ヶ里町 (1)
基山町 (1)
上峰町 (0)
みやき町 (1)
玄海町 (0)
有田町 (2)
大町町 (1)
江北町 (0)
白石町 (1)
太良町 (3)
佐賀県外 (2)
未分類 (0)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

九州風景写真ランキング参加

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

人気ブログランキング参加