佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の魅力度アップに寄与する目的で、佐賀の自然、史跡、文化、芸能などを写真でご紹介します。1枚の写真から、佐賀ブレイク!

海に面する唐津城(唐津市)

唐津城


海に面する唐津城(唐津市)


<撮影場所・撮影日時>
唐津城(唐津市)・2019年7月25日12時半頃
<撮影データ>
Nikon D810・SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2 (Model A022)
絞り優先AE・f8・SS 1/640・ISO64・HUSKY三段 KIRK Model

(参考)
① 唐津市のホームページによりますと、唐津城は、豊臣秀吉の家臣、寺沢志摩守広高が1602年から7年の歳月を費やして築城したそうです。
② また、現在の唐津城天守閣内は、郷土博物館として活用されており、唐津藩の資料や唐津焼などが展示されています。
② なお、この写真でも見れるとおり、2018年に、城の斜面(城の東側に当たる。)が豪雨の影響で崩落したため、残念ながらコンクリートでの補強となっています。

<この写真 私の心・技・体>
① この写真は、唐津城の南東の方角に在る鏡山の展望台から撮影しました。
② 鏡山と唐津城の距離は、ネットで調べたところ、直線で概ね7~8キロメートルあるようですが、お天気に恵まれたのでくっきりと写し撮ることができました。
③ なお、この写真はトリミングしています。使用のカメラ(Nikon D810)とレンズ(SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2 (Model A022))は、トリミングに耐えきれる機能を持っています。


<撮影地付近の佐賀の物産品等>
① 「唐津焼」と名称を有した焼き物があります。
  (ウィキペディア(Wikipedia)引用:唐津焼は、近世初頭から肥前国(現在の佐賀県および長崎県)に散在する諸窯で生産された陶器の総称である。唐津焼の名称は、製品が唐津の港から積み出されたことに由来するともいわれるが、定かではない。)
② 唐津焼窯元のホームページによりますと、豊臣秀吉による朝鮮出兵の際に、朝鮮陶工を連れて帰り、その陶工たちが各地で窯場をつくり焼き始めたことで、唐津焼の生産量は従来から更に拡大したと紹介されています。


【広告・スポンサーリンク】



★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「唐津城」、「鏡山」、「唐津焼」、「トリミング」等
  1. 2019/07/29(月) 00:10:00|
  2. 唐津市

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

●定年退職後からの写歴8年。ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影。
●ブログに掲載しています写真の中の一部に拙いですが「作品」として位置付けているものには「作品」とのタイトル。
●佐賀県美術展(写真)、その他公募展等の入選、入賞実績がありますが、まだまだ未熟。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所をクリックすると閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

◆九州風景写真ランキング参加:  応援バーナーのクリックはこちら↓

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

いつもあたたかい応援をいただき、感謝しています。これからも頑張ります。

♥お問い合わせ等ご連絡はこちらからお願いします。非公開といたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

「名前」は、ブログ又はハンドル名で結構です。速やかにお返事するよう心がけますので、ご遠慮なくどうぞ。

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
※「作品」 (37)
佐賀市 (254)
唐津市 (49)
鳥栖市 (7)
多久市 (15)
伊万里市 (3)
武雄市 (6)
鹿島市 (10)
小城市 (41)
嬉野市 (10)
神埼市 (27)
吉野ヶ里町 (8)
基山町 (9)
上峰町 (0)
みやき町 (4)
玄海町 (0)
有田町 (4)
大町町 (1)
江北町 (2)
白石町 (3)
太良町 (5)
佐賀県外 (5)
私からのお知らせ (14)
未分類 (3)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

★写真の公共機関への無償提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。