佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを写真作品でご紹介し、佐賀の魅力度アップに貢献できるよう頑張ります。

鏡山からの目を見張る眺望(唐津市)

鏡山からの虹ノ松原


鏡山からの目を見張る眺望(唐津市)


<撮影場所・撮影日時>
鏡山展望台・2019年7月25日13時半頃
<撮影データ>
Nikon D800E・AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
絞り優先AE・f8・SS 1/1250・ISO100・HUSKY三段 KIRK Model


鏡山②


鏡山からの唐津城&筑肥線を走行する電車


鏡山展望台・2019年7月25日13時頃
<撮影データ>
Nikon D810・35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)
絞り優先AE・f8・SS 1/400・ISO64・HUSKY三段 KIRK Model

(参考)
① (一社)佐賀県観光連盟のホームページによりますと、この写真の撮影位置である鏡山は標高284mです。
   鏡山展望台からは、国の特別名勝・虹の松原、唐津湾、唐津湾に浮かぶ島影、そして、条件が良ければ壱岐も望めるとのことです。
   なお、国道202号から入った鏡山駐車場までの道は、狭隘で、曲がりくねった5キロの道のりになっていますが、安全運転に気をつけましょう。
② 「虹の松原」について、(一社)佐賀県観光連盟のホームページの紹介文を抜粋さていただきます。
  (抜粋)
   ※虹の松原は、国の特別名勝で、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原のひとつに数えられる景勝地です。長さ約4.5km、幅約0.5kmにわたり、約100万本のクロマツが群生しています。17世紀初め初代唐津藩主寺沢広高が防風・防潮のため、海岸線の砂丘にクロマツを植林したのがはじまりとされています。
③ 2枚目の写真は、同じく、鏡山展望台から唐津城を眺めたもので、また、右下に在るようにJR筑肥線を走行する電車を待って、シャッターを切りました。

<この写真 私の心・技・体>
① 素晴らしいお天気だったので、玄界灘の眺望を楽しみながら撮影できました。眺望が良い理由は、PM25の濃度が低いことによるものです。
② 2枚目の写真は、シャッター速度「SS 1/400」の連写で撮影しましたが、これは、電車がこの区間の運行では速度を落としていることによるものです。一般に、通常走行をシャッター速度「SS 1/400」で撮影したら、電車が流れる(被写体ブレ)ことになると思います。

<撮影地付近の佐賀の物産品等>
 唐津は、太閤殿下が訪れた地であるところからか、太閤にちなんだ名称をとった食品や施設などが見られます。


【広告・スポンサーリンク】



★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「鏡山」、「虹の松原」、「JR筑肥線」等
  1. 2019/07/30(火) 00:10:00|
  2. 唐津市
  3. | コメント:0
<<元気よく咲き誇る向日葵(佐賀市ひょうたん島公園) | ホーム | 海に面する唐津城(唐津市)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

ふるさと「佐賀」を撮影しています。
・写真歴 7年
・佐賀県美術展(写真)入選3回
・その他佐賀県写真協会公募展等の入賞実績

★公共機関への提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

次のいずれも「カテゴリ」欄の該当箇所のクリックで閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)      ■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

♥お問合せは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

広告:amazonお買い得情報リンク

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
私からのお知らせ (7)
佐賀市 (77)
唐津市 (20)
鳥栖市 (3)
多久市 (1)
伊万里市 (1)
武雄市 (4)
鹿島市 (6)
小城市 (15)
嬉野市 (2)
神埼市 (12)
吉野ヶ里町 (1)
基山町 (1)
上峰町 (0)
みやき町 (1)
玄海町 (0)
有田町 (2)
大町町 (1)
江北町 (0)
白石町 (1)
太良町 (3)
佐賀県外 (2)
未分類 (0)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

九州風景写真ランキング参加

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

人気ブログランキング参加