佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを写真作品でご紹介し、佐賀の魅力度アップに貢献できるよう頑張ります。

江藤新平はここで約2年間永蟄居(佐賀市金福寺)

金福寺


江藤新平はここで約2年間永蟄居(金福寺)


<撮影場所・撮影日時>
金福寺正面(佐賀市富士町)・2019年7月25日11時頃
<撮影データ>
Nikon D810・AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
絞り優先AE・f8・SS 1/80


(金福寺の一部)
金福寺②


(参考)
① 佐賀七賢人の一人、江藤新平は、幕末に、佐嘉藩を脱藩し、京都で勤皇活動を行いました。その脱藩の罪で死罪のところ、藩主の計らいで永蟄居処分を受けています。
   その永蟄居処分の約5年間のうちの約2年間、この写真の金福寺で生活していましたが、案内板によりますと、お寺の付近の子ども達に習字や漢文などを教えていたとのことです。
② 江藤新平は、約5年後に処分が解かれ、早速、翌1868年には上京し、明治政府の要職に就いています。
③ この経緯からみると、そもそも脱藩し京都に向かったのは、内密の藩命ではなかったかとの推測がいわれていますが、もちろん定かではありません。

<この写真 私の心・技・体>
 金福寺は、現在、管理が十分ではないようです。しかし、佐賀の明治維新に興味のある方が訪れる史跡、名所の一つです。

<撮影地付近の佐賀の物産品等>
① この金福寺のすぐお隣にとてもおいしい老舗のお饅頭屋さんがあります。(一社)佐賀市観光協会のホームページによりますと、昭和5年開業と紹介されています。
② また、おおよそ4~500メートルのところにとても安くて新鮮な魚を売られているお店があり、予約しておけばお寿司も握られて販売(注)されます。隠れた穴場です。店主さん、ご家族がとても気さくで好感が持てます。
   (注)鮮魚屋さんの店構えであり、お寿司をそこで食することができるようなところではありません。
  山中ですが、鮮魚は、車で3~40分の距離に在る唐津の魚市場まで仕入れに行かれていると思われます。


【広告・スポンサーリンク】



★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「江藤新平」、「佐賀市富士町 金福寺」等
  1. 2019/08/06(火) 00:10:00|
  2. 佐賀市
  3. | コメント:0
<<躍動感あふれる山浦千灯篭(鹿島市) | ホーム | 弟48回栄の国まつり(佐賀市)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

・定年退職してから、ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影しています。
・佐賀県美術展(写真)、その他公募展等の入選、入賞実績がありますが、まだまだ未熟です。
・ブログには、自分で「作品」として位置付けているものも掲載しますので、ご批評よろしくお願いいたします。

★公共機関への提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所のクリックで閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

♥お問合せは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

広告:amazonお買い得情報リンク

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
私からのお知らせ (7)
佐賀市 (118)
唐津市 (25)
鳥栖市 (3)
多久市 (1)
伊万里市 (1)
武雄市 (4)
鹿島市 (6)
小城市 (20)
嬉野市 (2)
神埼市 (15)
吉野ヶ里町 (4)
基山町 (1)
上峰町 (0)
みやき町 (2)
玄海町 (0)
有田町 (2)
大町町 (1)
江北町 (1)
白石町 (2)
太良町 (3)
佐賀県外 (2)
未分類 (0)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

九州風景写真ランキング参加

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

人気ブログランキング参加