佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを写真作品でご紹介し、佐賀の魅力度アップに貢献できるよう頑張ります。

徐福が種を植えた「ビャクシン」(佐賀市諸富町)

新北神社


新北神社「ビャクシン」

<撮影場所・撮影日>佐賀市諸富町新北神社「ビャクシン」・2019年8月7日


新北神社②


新北神社「三重の獅子舞像」

<撮影場所・撮影日>佐賀市諸富町新北神社「三重の獅子舞像」・2019年8月7日

(記事)
① (一社)佐賀県観光連盟のホームページによりますと、徐福は、有明海を経由し上陸後、1枚目の写真に在る箇所(現在の新北(にきた)神社の境内。1枚目の写真の同神社の拝殿に向かって右側。)にその証として「ビャクシン」の種を植えたと紹介されています。
   「ビャクシン」は、元来、暖かい地方の樹木で、国内に自生する例はほとんどなく、1枚目の写真の古木は樹齢推定2,200年とされ、徐福の渡来時期と符号しているそうです。
   この「ビャクシン」は、龍が天に登るような姿に見えることから「飛龍木」と名付けられているとのことです。

② また、新北神社の宮司さんのご説明では、1枚目の写真にあります同神社の拝殿に向かって右側には徐福像が建てられており、これは中国の徐福ゆかりの関係方面から寄付されたとのことでした。

③ 2枚目の写真は、毎年10月に、新北神社に五穀豊穣を祈って奉納される「三重の獅子舞」の像です。
   (一社)佐賀市観光協会のホームページによりますと、三重の獅子舞は、約600年前に越後から伝わったといわれる民俗芸能であり、赤と緑の獅子が囃子に合わせて勇壮に舞いますが、獅子の中には、2人もしくは3人が肩車をして入っておられます。
   なお、いずれの日か、この奉納される日の実物の獅子舞の写真を掲載したいと思います。

<撮影場所付近の佐賀の物産品等>
① 徐福が目指してきた有明海は、今では、なんといっても海苔の生産が著名です。2019年においても、販売枚数、額ともに16季連続日本一となっています。

② なお、余談になりますが、有明海に生息する、ⅰ)ムツゴロウ、ⅱ)ハゼグチ、ⅲ)ワラスボ、ⅳ)エツの4種の魚類は、中国の沿岸では常時見られるが、日本では有明海のみに産し、その他の海域では見られないといわれています。
   このことから、いきおい、この4種のうち、吸盤のあるムツゴロウ、ハゼグチ及びワラスボの3種は、徐福等の渡来集団の船に付着して有明海に渡ってきたかもしれないという説もあるぐらいです(1989年に出版された「弥生の使者 徐福」から引用。)。


【広告・スポンサーリンク】



★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「徐福」、「新北神社」、「ビャクシン」、「三重の獅子舞」等
  1. 2019/08/19(月) 00:10:00|
  2. 佐賀市
  3. | コメント:0
<<秋、浮立の奉納が始まる(武雄市袴野面浮立) | ホーム | 山の日の登山(佐賀市金立山)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

ふるさと「佐賀」を撮影しています。
・写真歴 7年
・佐賀県美術展(写真)入選3回
・その他佐賀県写真協会公募展等の入賞実績

★公共機関への提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

次のいずれも「カテゴリ」欄の該当箇所のクリックで閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)      ■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

♥お問合せは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

広告:amazonお買い得情報リンク

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
私からのお知らせ (7)
佐賀市 (77)
唐津市 (20)
鳥栖市 (3)
多久市 (1)
伊万里市 (1)
武雄市 (4)
鹿島市 (6)
小城市 (15)
嬉野市 (2)
神埼市 (12)
吉野ヶ里町 (1)
基山町 (1)
上峰町 (0)
みやき町 (1)
玄海町 (0)
有田町 (2)
大町町 (1)
江北町 (0)
白石町 (1)
太良町 (3)
佐賀県外 (2)
未分類 (0)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

九州風景写真ランキング参加

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

人気ブログランキング参加