佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを写真作品でご紹介し、佐賀の魅力度アップに貢献できるよう頑張ります。

吉野ヶ里歴史公園 満月&朝日(神埼市側)

吉野ヶ里満月


吉野ヶ里歴史公園 満月

<撮影場所・撮影日>神埼市側吉野ヶ里歴史公園・2019年9月14日


吉野ヶ里朝日


吉野ヶ里歴史公園 朝日

<撮影場所・撮影年>神埼市側吉野ヶ里歴史公園・2013年

(記事)
① 1枚目の写真は、今年9月の十六夜ですが、アップするには恥ずかしい写真です。
   というのも、写真のお月様は、その後、雲に隠れてしまい顔を出してくれず、およそイメージした写真とは大違いだからです。
   実は、吉野ケ里歴史公園に建つ物見やぐらが、満月を従えている写真を撮りたくて、これまでに何度か試みましたが、失敗ばかりです。

② 他方、2枚目の写真は、朝日の写真ですが、朝日は日の出の方位は日々異なるものの、お天気が良ければその都度撮影でき簡単です。
   ではなぜ、物見やぐらが満月を従えている写真は、困難であるかと言えば、ⅰ)満月は、月に1回のみ、ⅱ)雲がない日でなければならない、ⅲ)撮影位置から見て、月の出の方位が、吉野ケ里歴史公園に建つ物見やぐらと程よい位置関係という条件が整わなければならないからです。
   なお、日の出、日の入り、満月の写真を撮影する際、コンパス(方位計測)は必需品になります。

③ 吉野ケ里歴史公園に建つ物見やぐらに満月がかかる写真は、多分、もう不可能に近いと思います。
   その理由は、1枚目と2枚目の写真の物見やぐらなどの建造物をご覧ください。
   そうなんです、朝日を撮影したのは6年前であり、その後、樹木が伸長し、現在ではベストな撮影位置からは、樹木の陰で物見やぐら等が見えなくなってきています。
   ドローンでの撮影でなければ、無理ですね。
   なお、念のためですが、物見やぐらの東側から撮影する夕陽と物見やぐらの写真は、樹木などの障害物がないので比較的容易です。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「吉野ケ里歴史公園」等
  1. 2019/09/27(金) 12:00:00|
  2. 神埼市
  3. | コメント:0
<<鑑真和上 渡航6度目で日本(佐賀)上陸 (佐賀市) | ホーム | 吉野ヶ里歴史公園の秋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

ふるさと「佐賀」を撮影しています。
・写真歴 7年
・佐賀県美術展(写真)入選3回
・その他佐賀県写真協会公募展等の入賞実績

★公共機関への提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

次のいずれも「カテゴリ」欄の該当箇所のクリックで閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)      ■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

♥お問合せは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

広告:amazonお買い得情報リンク

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
私からのお知らせ (7)
佐賀市 (98)
唐津市 (21)
鳥栖市 (3)
多久市 (1)
伊万里市 (1)
武雄市 (4)
鹿島市 (6)
小城市 (20)
嬉野市 (2)
神埼市 (15)
吉野ヶ里町 (1)
基山町 (1)
上峰町 (0)
みやき町 (1)
玄海町 (0)
有田町 (2)
大町町 (1)
江北町 (1)
白石町 (2)
太良町 (3)
佐賀県外 (2)
未分類 (0)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

九州風景写真ランキング参加

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

人気ブログランキング参加