佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の魅力度アップに寄与する目的で、佐賀の自然、史跡、文化、芸能などを写真でご紹介します。1枚の写真から、佐賀ブレイク!

作品 「これからの道」

これからの道

作品 「これからの道」
<撮影場所・撮影日時>
佐賀市大和町石井樋付近・2017年6月11日18時頃
<撮影データ>
FUJIFILM X100F
絞り優先AE・f8・SS 1/340・ISO200・HUSKY三段 KIRK Model


<この作品 私の心・技・体>
① 掲載した写真は、今年(2019年)の6月2日付けの再掲であり、昨日のように鉄塔をモチーフとしています。
   6月2日付けで掲載した際に「この写真は、被写体を通して自分を表現したいものであって、鑑賞していただける方には心静かにそれぞれ、何かを感じていただければうれしい。」と記述していました。

② 今回、「被写体を通して自分を表現したい」というものは何であるかに触れます。
   この写真の撮影場所は、自宅から5キロメートル程度のところにあります。 この光景を見たとき、瞬間的に自分がこれから終活に入っていくところを表現したいと頭に浮かびました。
   写真手前の土手の法面には白い花が咲いており、つながる道の奥(写真奥)には鉄塔があります。その鉄塔を、私自身の墓石に見立てました。
   つまり、鉄塔に向かっている人物は私、自撮りです。

③ この写真を所属する写真クラブの月例会に作品名を付して提出したところ、講評者から、思いもよらない言葉がありました。「風景の写真に鉄塔はどうかな(つまり、風景写真に鉄塔は邪魔。)。」と。
   私は、「あぁそうか。この写真には訴求力がないのだ。まだまだ自分の表現力は及ばない。」と受け止めました。
   先日(9月30日付け)のブログで既述したとおり、「自身の意識を洗浄し高めなければ、他の人々の心を揺り動かすことは難しい・・・・。」と教えられたように、そして、土手の法面に咲く白い花のように自分の心を少しでも白く浄化しなければいけないと。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「デジタル終活」等
  1. 2019/10/10(木) 12:00:00|
  2. ※「作品」

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

●定年退職後からの写歴8年。ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影。
●ブログに掲載しています写真の中の一部に拙いですが「作品」として位置付けているものには「作品」とのタイトル。
●佐賀県美術展(写真)、その他公募展等の入選、入賞実績がありますが、まだまだ未熟。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所をクリックすると閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

◆九州風景写真ランキング参加:  応援バーナーのクリックはこちら↓

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

いつもあたたかい応援をいただき、感謝しています。これからも頑張ります。

♥お問い合わせ等ご連絡はこちらからお願いします。非公開といたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

「名前」は、ブログ又はハンドル名で結構です。速やかにお返事するよう心がけますので、ご遠慮なくどうぞ。

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
※「作品」 (37)
佐賀市 (254)
唐津市 (49)
鳥栖市 (7)
多久市 (15)
伊万里市 (3)
武雄市 (6)
鹿島市 (12)
小城市 (41)
嬉野市 (10)
神埼市 (27)
吉野ヶ里町 (8)
基山町 (9)
上峰町 (0)
みやき町 (4)
玄海町 (0)
有田町 (4)
大町町 (1)
江北町 (2)
白石町 (3)
太良町 (5)
佐賀県外 (5)
私からのお知らせ (14)
未分類 (3)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

★写真の公共機関への無償提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。