佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の魅力度アップに寄与する目的で、佐賀の自然、史跡、文化、芸能などを写真作品でご紹介します。1枚の写真から、佐賀ブレイク!

作品 「紅顔白骨之景」

紅顔白骨之景

作品 「紅顔白骨之景」
<撮影場所・撮影日時>
唐津市厳木町・2014年11月19日17時頃
<撮影データ>
Nikon D810・AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡ
絞り優先AE・f8・SS 1/30・ISO100・HUSKY三段 KIRK Model

(お知らせ)
 約10回程度、私のお気に入りの作品を再掲してきましたが、今回で最終になります。

<この作品 私の心・技・体>
① 作品名の「紅顔白骨」とは、朝(あした)には紅顔(こうがん)ありて夕(ゆう)べには白骨(はっこつ)となるという意味です。一言でいえば、人はいつ死ぬか予測できない、次の瞬間に死ぬかもしれないなどこの世は無常という意に通じます。

   この写真は、5年前、唐津市厳木(きゅうらぎ)町に在る環境芸術の森というところで撮影したものです。
   同森に入園してすぐの場所に池がありますが、この光景は、紅葉の時期、池の傍に立ったところから見えます。私は、この光景をみたとき、直ぐに「紅顔白骨」の文言、つまり、赤いモミジの葉は血液、そして白いモチの木の枝・幹は白骨に疑似化し、作品化できると体の中に信号が走り、背景に暗部が出るよう夕刻まで待って撮影しました。

② 私がこれまで撮影した写真の中で、代表作を1枚挙げるとしたらこの作品になります(1枚という条件ではなく、5枚程度にしてほしいのですが・・・。)。私が撮影した写真の中で、最も感情移入したものになります。

③ 昨年末の喪中のご挨拶状の中に、上司、先輩、同級生の奥様から、ご本人が亡くなったというお知らせが見られました。また、年賀状では高齢化したことや大病を患ったことを理由に、今回を最後に欠礼するというものも見られました。

   人の死は、いつやってくるか分かりません。私は、今年は60歳代最後の年になります。終活を考えておかしくはありません。
   まだそんなの早いよというお話があるかもしれません。しかし、そうは言えないということを1年半ほど前に経験しました。
   それはマイホームを新築してから25年経過し老朽化したこと、そして、風呂、洗面所、トイレなどのバリアフリー化とともに、長年、私のために食事を作ってくれているカミさんへのご褒美と思い、キッチンも含め、リフォーム工事をしました。
   まだ、足腰は十分なのでちょっと早いかなと思いましたが、やってよかったです。その理由は、工事のための家具、食器等の移動も大変でしたが、食事、入浴、洗面、トイレ、洗濯が、それぞれ2~5日間不可能になりました。
   そのとき、バリアフリー化のリフォームは、元気なうちにやるものであって、足腰が不自由になってからでは遅いということを思い知らされ、今やって良かったとつくづく思いました。

   この経験から、終活も大病を罹ってしまってから、足腰が不自由になってからでは遅いと断言できます。元気なうちに行動するから、終「活」ではないでしょうか。

④ さて、写真の話に戻ります。写真の芸術性の一つに何度見ても見飽きない、いつまでも心に残る写真というものがあると思います。
   他方、私が目指している撮影スタイルに風景(被写体)に感情移入するというものがありますが、このことについて、大きく再認識させられた背景があります。

   鬼海弘雄さんという写真家がおられ、その代表的写真集に「PERSONA」(2004年第23回土門拳賞受賞写真集)があります。この写真集の内容は、無名の方の肖像写真のみからなります。写真、特に、ポートレイトが趣味の方であれば、ほとんどの方がご存じの写真集です。
   私は、この写真集に出てくるそれぞれの方のお顔を見ると、この方はこれまでどのような人生を送ってこられたのか、そういう想像に思いが馳せられてしまいます。
   ところが、この方の人生を勝手に想像しているうちに、いつの間にか自分の人生におけるこの方との共通点などについて振り返らざるを得なくなり、否応なく自分を見つめさせられることになってしまいます。
   すごい写真集です。

⑤ 今年は、60歳代最後の1年になります。こらからは生涯の1枚が撮れるよう頑張っていきたいと思います。もちろん私は、写真家ではありませんので、どのような写真が撮れるかというプロセス・結果を楽しみながらやっていきます。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「紅顔白骨」、「唐津市 環境芸術の森」、「鬼海弘雄」、「土門拳」等
  1. 2020/01/13(月) 00:00:00|
  2. 唐津市
  3. | コメント:4
<<2019サガ・ライトファンタジー① | ホーム | 作品 「心の襞」>>

コメント

何度見ても素晴らしいですね。
被写体の魅力、発色の豊かさ、フレーミングの完成度、素晴らしいです。
写真を40数年やっている下手糞から見ると、選者の「画面を2分している」
などの批評が見当外れとしか思えません。
東山魁夷さんの絵画に通じる傑作だと思います。
  1. 2020/01/13(月) 08:30:37 |
  2. URL |
  3. 純 #92.l/qwY
  4. [ 編集 ]

純 様

 有り余るご評価をいただき、恥ずかしいです。

 記事の中で、”こらからは生涯の1枚が撮れるよう頑張っていきたいと思います。”と記述しましたが、反面、1枚1枚を丁寧に撮っていくことが今後の私の写真ライフになって、その結果、幸運なことに、いつも厳しい批評をしてくれる妻、そして皆さんにイイネと言っていただけるものが撮れたら良しとする気持ちも大事だと思います。
 あまり欲を出さずに、楽しみ続けたいと思います。ありがとうございました。
  1. 2020/01/13(月) 09:22:45 |
  2. URL |
  3. 佐賀風土記 #zsR1fWyA
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
見ている人に、強烈に何かを訴えているようなインパクトのある絵だと感じます。
私に何を伝えようとしているのか、立ち止まってしばらく見入ってしまいます。
素敵な絵、ありがとうございます。
  1. 2020/01/13(月) 16:10:27 |
  2. URL |
  3. K.R.M #-
  4. [ 編集 ]

K.R.M 様

 コメントありがとうございます。

 自分の思いや表現が皆さんに伝わっているかどうかはよく分かりません。
 やはりたくさんの作品を見ていただいて、その集まりの中から皆さんに評価してもらうことになると思います。
 1枚の写真のみでは、まだまだですので、通過点になると思います。
  1. 2020/01/13(月) 17:02:30 |
  2. URL |
  3. 佐賀風土記 #zsR1fWyA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

〇定年退職後からの写歴8年です。ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影しています。
〇佐賀県美術展(写真)、その他公募展等の入選、入賞実績がありますが、まだまだ未熟です。
〇ブログには、自分で「作品」として位置付けているものも掲載しますので、ご忌憚のないご批評よろしくお願いいたします。

★写真の公共機関への無償提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所のクリックで閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

◆九州風景写真ランキング参加: バーナーのクリックは↓

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

♥具体的なお問い合わせ等は、こちらからです⇒「非公開依頼」と明記してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
佐賀市 (152)
唐津市 (38)
鳥栖市 (3)
多久市 (14)
伊万里市 (1)
武雄市 (4)
鹿島市 (7)
小城市 (25)
嬉野市 (2)
神埼市 (15)
吉野ヶ里町 (7)
基山町 (5)
上峰町 (0)
みやき町 (2)
玄海町 (0)
有田町 (2)
大町町 (1)
江北町 (1)
白石町 (2)
太良町 (3)
佐賀県外 (2)
私からのお知らせ (8)
未分類 (0)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

広告:amazonお買い得情報リンク