佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の魅力度アップに寄与する目的で、佐賀の自然、史跡、文化、芸能などを写真でご紹介します。1枚の写真から、佐賀ブレイク!

カノン砲の性能試験場(佐賀市)

大久保お台場

カノン砲の性能試験場(大久保お台場跡)
<撮影場所・撮影日>佐賀市・2017年11月27日


岩田お台場

カノン砲の性能試験場(岩田お台場跡)
<撮影場所・撮影日>神埼市・2018年2月24月

◎新型コロナウイルス対策に係る全国を対象とする緊急事態宣言に従いまして、行動自己規制を行い、写真撮影活動は休止しています。
 このため、ブログ「佐賀風土記」では、過去に掲示した写真に記事を改訂した上で再掲しています。今回は、2019年5月4日及び5日付けの再掲になります。


(記事)
今回は、一昨日(2020年5月7日)のカノン砲のシリーズになります。
① 江戸幕府は、ペリー来航への対応のため慌てて、全国に先駆けて既に西洋式大砲であるカノン砲の製造に着手していた佐嘉藩に対し、同砲を発注しました。

② 1枚目の写真は、江戸幕府から受注したカノン砲の性能試験を行う場所であった佐賀市大和町に在る大久保お台場跡になります。
  
   素晴らしい景色ではありますが、看板、電柱、ゴミ箱などがあったりして写真としてはゴチャゴチャしています。鷺が飛んできてくれて、ようやく諦めがつきました。

③ 2枚目の写真は、神埼市に在る岩田お台場跡になります。

   しかしながら、1枚目の写真と2枚目の写真とは、時系列的には逆になります。
   そもそも、佐嘉藩は江戸幕府からのカノン砲の発注を受ける以前からこの岩田お台場で藩独自にカノン砲の製造試験を実施していました。

   ところが、江戸幕府からのカノン砲の受注を受け、この製造を急ぐために、お城より近距離に在る1枚目の写真の場所である大久保お台場へ移転して、性能試験を大車輪で実施したとされています。

   2枚目の写真の岩田お台場跡は、今は、写真中央のとおり、雑木林になってしまっています。場所が農村であることから、トラクターが通りかかってくれないかずいぶん待ちましたが、白色の自動車が通りかかってくれたことで良しとしました。加えて、自己満足として、野菜(たかな)を強調することで、面白味を出したつもりです。

   なお、写真の右手に見える「日の隈山」(山頂にテレビ放送用のアンテナが見えます。)を標的にして砲術訓練が行われていたとのことです。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「『大久保台場を学ぶ』研修会 ご案内-つながるさがし」、「維新の胎動~それは大久保台場から始まった~」、「神埼まちあるき(5) 蒙古屋敷と大蛇伝説の里を訪ねる」等
  1. 2020/05/09(土) 00:00:00|
  2. 佐賀市

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

●定年退職後からの写歴8年。ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影。
●ブログに掲載しています写真の中の一部に拙いですが「作品」として位置付けているものには「作品」とのタイトル。
●佐賀県美術展(写真)、その他公募展等の入選、入賞実績がありますが、まだまだ未熟。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所をクリックすると閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

◆九州風景写真ランキング参加:  応援バーナーのクリックはこちら↓

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

いつもあたたかい応援をいただき、感謝しています。これからも頑張ります。

♥お問い合わせ等ご連絡はこちらからお願いします。非公開といたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

「名前」は、ブログ又はハンドル名で結構です。速やかにお返事するよう心がけますので、ご遠慮なくどうぞ。

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
※「作品」 (37)
佐賀市 (254)
唐津市 (49)
鳥栖市 (7)
多久市 (15)
伊万里市 (3)
武雄市 (6)
鹿島市 (10)
小城市 (41)
嬉野市 (10)
神埼市 (27)
吉野ヶ里町 (8)
基山町 (9)
上峰町 (0)
みやき町 (4)
玄海町 (0)
有田町 (4)
大町町 (1)
江北町 (2)
白石町 (2)
太良町 (5)
佐賀県外 (5)
私からのお知らせ (14)
未分類 (3)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

★写真の公共機関への無償提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。