佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の魅力度アップに寄与する目的で、佐賀の自然、史跡、文化、芸能などを写真でご紹介します。1枚の写真から、佐賀ブレイク!

日本三大悲恋 佐用姫(唐津市)

佐用姫

佐用姫像
<撮影場所・撮影日>唐津市鏡山・2014年8月30日

◎新型コロナウイルス対策に係る非常事態宣言等を受けて、写真撮影活動を休止していましたので、ブログに新しく掲載する写真の在庫が少なくなっています。
 このため、今回は、2019年6月27日付けで掲載しました写真について、記事を改訂した上で再掲しています。


(記事)
① 1枚目の写真は、前回(2020年6月6日)の撮影場所の鏡山展望台のすぐそばに在る佐用姫(さよひめ)像になります。
   鏡山で佐用姫が、朝鮮半島に在る任那に向かう大伴狭手彦(おおとものさでひこ)を見送る様子を表現した像です。

② 説明が前後しましたが、佐用姫伝説は、日本三大悲恋とされています。

   肥前国風土記の松浦の郡の中に、「篠原の 弟姫(おとひめ)の子ぞ さ一夜(ひとゆ)も 率寝(ゐね)てむ時(しだ)や 家にくださむ」(篠原村の弟姫よ 一夜でもよいからつれていきたい あなたを家には帰したくない)と記述されている箇所があります。

   <弟日姫子(佐用姫)は、任那に向かう大伴狭手彦を、鏡山から必死になって見送り、その後、物語があって終いには沼に沈んで屍となったそうです。>


   なお、この鏡山山頂の佐用姫像から少し離れたところに、佐用姫神社があります。ご参考までに同神社の案内板を掲げておきます。案内板の中で記載されている領巾振山(ひれふりやま) とは鏡山の別名です。
DSC_3239


③ 3枚目の写真は、佐用姫が、大伴狭手彦を見送るために鏡山(海抜284m)から飛んで駆け下りた場所とされている箇所です。
   写真の右手奥(約3㎞の距離)に鏡山が見えます。


佐用姫②

佐用姫岩
<撮影場所・撮影日>唐津市和多田・2014年8月30日



【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「松浦佐用姫伝説」、「肥前国風土記(松浦の郡)」、「唐津市 文学に「松浦佐用姫(まつらさよひめ)」を見る」、「日本三大悲恋物語」等


※コメント欄は、2020年6月1日から閉鎖させていただいています(2020年5月31日付け記事「私からのお知らせ(№11)③」参照。)。
  1. 2020/06/07(日) 00:00:00|
  2. 唐津市

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

●定年退職後からの写歴8年。ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影。
●ブログに掲載しています写真の中の一部に拙いですが「作品」として位置付けているものには「作品」とのタイトル。
●佐賀県美術展(写真)、その他公募展等の入選、入賞実績がありますが、まだまだ未熟。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所をクリックすると閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

◆九州風景写真ランキング参加:  応援バーナーのクリックはこちら↓

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

いつもあたたかい応援をいただき、感謝しています。これからも頑張ります。

♥お問い合わせ等ご連絡はこちらからお願いします。非公開といたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

「名前」は、ブログ又はハンドル名で結構です。速やかにお返事するよう心がけますので、ご遠慮なくどうぞ。

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
※「作品」 (37)
佐賀市 (254)
唐津市 (49)
鳥栖市 (7)
多久市 (15)
伊万里市 (3)
武雄市 (6)
鹿島市 (11)
小城市 (41)
嬉野市 (10)
神埼市 (27)
吉野ヶ里町 (8)
基山町 (9)
上峰町 (0)
みやき町 (4)
玄海町 (0)
有田町 (4)
大町町 (1)
江北町 (2)
白石町 (3)
太良町 (5)
佐賀県外 (5)
私からのお知らせ (14)
未分類 (3)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

★写真の公共機関への無償提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。