佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の魅力度アップに寄与する目的で、佐賀の自然、史跡、文化、芸能などを写真でご紹介します。1枚の写真から、佐賀ブレイク!

徐福は筑後川昇開橋近くに上陸(佐賀市)



徐福像
<撮影場所・撮影日>佐賀市・2020年6月22日




徐福 上陸地
<撮影場所・撮影日>佐賀市・2020年6月22日


DSC_2753_00001


新北神社

<撮影場所・撮影日>佐賀市諸富町新北神社「ビャクシン」・2019年8月7日

(記事)
① 徐福の日本渡来伝説は、日本に十数か所とあるいわれています。
   このうち、以前もご紹介しましたとおり、佐賀にも伝説があります。

   徐福は、秦の始皇帝から命を受け、不老不死の薬草を求めるため、東シナ海から有明海に入り、前回(2020年6月24日)掲載しました筑後川昇開橋近くに上陸したといわれています。

② 1枚目の写真のとおり、徐福の上陸を記念して筑後川昇開橋近くに像が建てられています。写真の左手に筑後川昇開橋が見えます。
   なお、徐福像は、不老不死の薬草を求めた同市金立山(標高501m)の麓(金立公園)にも建てられています(2020年6月15日付け記事参照。)。

   2及び3枚目の写真が、徐福上陸の地とされる筑後川昇開橋近くに在る神社になります。

③ さらに同町に在る新北(にきた)神社の境内には、4枚目の写真の右手のとおり、徐福が種を植えたといわれる「ビャクシン」の古木があります(2019年8月19日付け記事参照。)。

   「ビャクシン」は、元来、暖かい地方の樹木で、国内に自生する例はほとんどなく、この古木は樹齢推定2,200年とされ、徐福の渡来時期と符号しているそうです。この「ビャクシン」は、龍が天に登るような姿に見えることから「飛龍木」と名付けられているとのことです。

   なお、新北神社の宮司さんのご説明では、4 枚目の写真にあります同神社の拝殿に向かって右側には徐福像が建てられており、これは中国の徐福ゆかりの関係方面から寄付されたとのことでした。

【広告・スポンサーリンク】


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「徐福」、「筑後川昇開橋」、「新北神社」、「ビャクシン」等



※コメント欄は、2020年6月1日から閉鎖させていただいています。お問い合わせ等につきましては、「メールフォーム欄」をご利用ください。
  1. 2020/06/25(木) 00:00:00|
  2. 佐賀市

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

〇定年退職後からの写歴8年。ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影。
〇ブログに掲載しています写真の中の一部に拙いですが「作品」として位置付けているものには「作品」とのタイトル。
〇佐賀県美術展(写真)、その他公募展等の入選、入賞実績がありますが、まだまだ未熟。

★写真の公共機関への無償提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所をクリックすると閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

◆九州風景写真ランキング参加:  応援バーナーのクリックはこちら↓

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

いつもあたたかい応援をいただき、感謝しています。これからも頑張ります。

♥お問い合わせ等ご連絡はこちらからお願いします。非公開といたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

速やかにお返事するよう心がけます。

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
※「作品」 (37)
佐賀市 (230)
唐津市 (48)
鳥栖市 (3)
多久市 (14)
伊万里市 (2)
武雄市 (6)
鹿島市 (10)
小城市 (36)
嬉野市 (10)
神埼市 (24)
吉野ヶ里町 (7)
基山町 (6)
上峰町 (0)
みやき町 (3)
玄海町 (0)
有田町 (4)
大町町 (1)
江北町 (1)
白石町 (2)
太良町 (5)
佐賀県外 (5)
私からのお知らせ (12)
未分類 (1)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

お知らせ:にほんブログ村読者登録バナー

にほんブログ村で「読者登録」システムが始まりました。よろしければ、ブログ「佐賀風土記」を読者登録していただければ嬉しく思います。

佐賀風土記 - にほんブログ村