佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の魅力度アップに寄与する目的で、佐賀の自然、史跡、文化、芸能などを写真でご紹介します。1枚の写真から、佐賀ブレイク!

駅舎からの風景№25 MR東山代駅(伊万里市)


MR東山代駅
<撮影場所・撮影日>MR東山代駅・2020年10月5日



MR東山代駅への入り口案内板
<撮影場所・撮影日>MR東山代駅入口・2020年10月5日



有田川鉄橋を走るMR列車
<撮影場所・撮影日>伊万里市有田川鉄橋・2020年10月5日

(記事)
① 三密を避けながら撮影活動を行っています佐賀県内の「駅舎からの風景」シリーズの第25回目:MR東山代駅になります。

   <ウィキペディアに基づく、MR東山代駅のデータ>
      ・駅番号等:松浦鉄道西九州線
      ・開業年:1930年開業・1988年転換
      ・1日当たりの乗車人員:30 人/日(2017年 降車客を含まない)

   「MR」とは、旧国鉄特定地方交通線の西九州線を運営している第三セクター鉄道事業者の松浦鉄道株式会社のことをいいます。
   今回から、このMRの西九州線のうち、伊万里から佐世保まで向かう佐賀県内の駅舎からの風景を佐世保方面に向かった順に掲げます。

② 1枚目の写真は、MR東山代駅の全景です。ホームの待合場所に地元の子どもたちが絵を描いており、地元密着に徹した様子が伝わってきます。
  
   面白い謎の光景を二つ見ることができました。
   一つ目は、鉄道利用者の自転車がホームの中に駐輪されていること(1枚目の写真)、二つ目は、2枚目の写真のとおり、駅の位置を示す案内板が、国道204号の道路際に立てられていたので、その案内板に従って左手の細い小道を徒歩で進み突き当ったら、右手(写真の左手の建物は、居酒屋さんです。)にいきなりMR東山代駅のホームがあったことでした。

   帰宅した後、ウィキペディアを閲覧しますと、旧駅舎は民家に転用(おそらく譲渡等という趣旨でしょうか。)したとのことを知ってその謎が解けました。
   つまり、ⅰ)ホームの駐輪場は民家の軒先を利用している、ⅱ)駅舎があった当時は、小道を通らずに、国道204号から直接に駅舎(現在の民家を指す。)に入場していたということことなんですね。
  (備考)1枚目の写真の右手でホーム奥に立っている電柱と2枚目の写真の左手の電柱は同一のものです。

③ 3枚目の写真は、MR東山代駅~MR伊万里駅間に架かる有田川鉄橋を走る列車(伊万里行の列車であり、右手が伊万里方面。)になります。



★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「MR 松浦鉄道株式会社」、「MR東山代駅」、「有田川鉄橋」等
※コメント欄は、閉鎖させていただいています。お問い合わせ等につきましては、「メールフォーム欄」をご利用ください。
  1. 2020/10/15(木) 00:00:00|
  2. 伊万里市

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

●定年退職後からの写歴8年。ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影。
●ブログに掲載しています写真の中の一部に拙いですが「作品」として位置付けているものには「作品」とのタイトル。
●佐賀県美術展(写真)、その他公募展等の入選、入賞実績がありますが、まだまだ未熟。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所をクリックすると閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

◆九州風景写真ランキング参加:  応援バーナーのクリックはこちら↓

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

いつもあたたかい応援をいただき、感謝しています。これからも頑張ります。

♥お問い合わせ等ご連絡はこちらからお願いします。非公開といたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

「名前」は、ブログ又はハンドル名で結構です。速やかにお返事するよう心がけますので、ご遠慮なくどうぞ。

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
※「作品」 (37)
佐賀市 (259)
唐津市 (49)
鳥栖市 (7)
多久市 (15)
伊万里市 (12)
武雄市 (6)
鹿島市 (14)
小城市 (41)
嬉野市 (10)
神埼市 (27)
吉野ヶ里町 (8)
基山町 (9)
上峰町 (0)
みやき町 (4)
玄海町 (0)
有田町 (4)
大町町 (1)
江北町 (2)
白石町 (3)
太良町 (8)
佐賀県外 (5)
私からのお知らせ (14)
未分類 (4)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

★写真の公共機関への無償提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。