佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の魅力度アップに寄与する目的で、佐賀の自然、史跡、文化、芸能などを写真でご紹介します。1枚の写真から、佐賀ブレイク!

復活しつつある七面草(佐賀市)





復活しつつある七面草
<撮影場所・撮影日>佐賀市干潟よか公園・2020年11月24日

(記事)
① 皆さん、七面草(シチメンソウ)という植物をご存知ですか。

   佐賀市のホームページによりますと、七面草は有明海の佐賀市東与賀海岸に晩秋に鮮やかな紅紫色となって自生しています塩生植物で、絶滅が危惧されている貴重なものです。
   2年前、原因不明の立ち枯れが発生しましたが、今年(2020年)は地域の方々のボランティア活動によって、1枚目の写真のとおり、復活してきました。

② 2枚目の写真のとおり、今年は2千500平方メートルの区画に復活し、紅葉しました。
   写真奥の方に赤色の衣服(ジャンバー)を身に着けられておられるのがボランティアの方々であり、次年度用の種を採取されていました。

   なお、写真の左手側の柵を越えると有明海になります。 

(参考)


③ 次の写真は、この七面草が咲いているそばに今年の10月20日に開館された「東よか干潟ビジターセンターひがさす」になります。
   佐賀市のホームページなどによりますと、当地、東与賀干潟は2015年にラムサール条約湿地に登録され、日本一のシギ・チドリ類の渡来数を誇り、ムツゴロウやシオマネキ、ワラスボなどユニークな干潟の生き物も数多く生息していることが紹介されています。
   この東よか干潟の価値や魅力を発信し、観光・学習・交流などさまざまな活動の拠点となるものが「東よか干潟ビジターセンターひがさす」になります。



東よか干潟ビジターセンターひがさす
<撮影場所・撮影日>佐賀市東よか干潟ビジターセンターひがさす・2020年11月24日


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
「七面草(シチメンソウ)」、「佐賀市干潟よか公園」、「東よか干潟ビジターセンターひがさす」、「ラムサール条約」等
※コメント欄は、閉鎖させていただいています。お問い合わせ等につきましては、「メールフォーム欄」をご利用ください。
  1. 2020/12/04(金) 00:00:00|
  2. 佐賀市

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

●定年退職後からの写歴9年
●ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影
●ブログへの掲載写真の中の一部に作品として位置付けているものには、「作品」とのタイトル

どうぞよろしくお願いします。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所をクリックすると閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

◆九州風景写真ランキング参加:  応援バーナーのクリックはこちら↓

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

いつもあたたかい応援をいただき、感謝しています。これからも頑張ります。

♥お問い合わせ等ご連絡はこちらからお願いします。非公開といたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

「名前」は、ブログ又はハンドル名で結構です。速やかにお返事するよう心がけますので、ご遠慮なくどうぞ。

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
※「作品」 (42)
佐賀市 (291)
唐津市 (52)
鳥栖市 (3)
多久市 (23)
伊万里市 (3)
武雄市 (6)
鹿島市 (10)
小城市 (40)
嬉野市 (16)
神埼市 (27)
吉野ヶ里町 (8)
基山町 (9)
上峰町 (1)
みやき町 (4)
玄海町 (0)
有田町 (4)
大町町 (1)
江北町 (1)
白石町 (2)
太良町 (6)
佐賀県外 (5)
駅舎からの風景 (80)
私からのお知らせ (14)
未分類 (6)
仮分類 (0)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

★写真の公共機関への無償提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。