佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の魅力度アップに寄与する目的で、佐賀の自然、史跡、文化、芸能などを写真でご紹介します。1枚の写真から、佐賀ブレイク!

ウォールアート<再掲>(完)(多久市)

WA23:DSC_9059
珠筆絵師 念図(唐津)作:吉原鮮魚店
<撮影場所・撮影日>多久市・2019年12月4日



澁谷忠臣(東京)作:京町1丁目(K邸)


◎昨年春に続き、二度目の新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき緊急事態措置が発出されました。
これを受けて、写真撮影活動を停止していますことから、過去に掲示しました多久市における「ウォールアート」シリーズの中から数記事を対象に改訂した上、再掲しています。


(記事)
① 多久市のウォールアートは、世界で唯一、木工用ボンドを使って描く「画家 冨永ボンド」さんが委員長の「エノグアートプロジェクト実行委員会」のプロジェクトです。ウォールアートのシリーズ<再掲>6回目になります。

   なお、掲載のウォールアートの説明(下記②&③)は、エノグアートプロジェクト実行委員会のパンフレットでの記載を基にしています。

② 1枚目の写真は、漁業神ともいわれている恵比寿様とその左脇抱えられている鯛が豪快に描かれ、鮮魚店のイメージにマッチした巨大(高さ3メートル幅4メートル)な壁画となっています。

③ 2枚目の写真は、サッカーがお好きでスポーツ選手を描いて欲しいというご主人のご希望を受けて迫力満点のスポーツマンの顔の壁画です。


(備考)
 ウォールアートを撮影した写真を当ブログに掲載することについては、事前に、エノグアートプロジェクト実行委員会委員長の冨永ボンドさんのご承認をいただいております。快くご承認いただきお礼を申しあげます。
 皆さんに多久市のウォールアートに興味を持っていただき、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の収束等を踏まえた感染対策にご配意の上、同市をご訪問いただくことを期待いたします。インスタ映えしますよ!


★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で検索してください。
① 「多久市ウォールアートプロジェクト」、「冨永ボンド」、「冨永ボンド 公式ホームページ・ツイッター・フェイスブック」
② 「珠筆絵師 念図:www.instagram.com/wreckerz_co/」
③ 「澁谷忠臣:http://tadaomishibuya.jp/」
※コメント欄は、閉鎖させていただいています。お問い合わせ等につきましては、「メールフォーム欄」をご利用ください。
  1. 2021/02/17(水) 00:00:00|
  2. 多久市

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

●定年退職後からの写歴9年
●ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影
●ブログへの掲載写真の中の一部に作品として位置付けているものには、「作品」とのタイトル

どうぞよろしくお願いします。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所をクリックすると閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

◆九州風景写真ランキング参加:  応援バーナーのクリックはこちら↓

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

いつもあたたかい応援をいただき、感謝しています。これからも頑張ります。

♥お問い合わせ等ご連絡はこちらからお願いします。非公開といたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

「名前」は、ブログ又はハンドル名で結構です。速やかにお返事するよう心がけますので、ご遠慮なくどうぞ。

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
※「作品」 (42)
佐賀市 (293)
唐津市 (52)
鳥栖市 (3)
多久市 (23)
伊万里市 (3)
武雄市 (6)
鹿島市 (10)
小城市 (40)
嬉野市 (16)
神埼市 (27)
吉野ヶ里町 (8)
基山町 (9)
上峰町 (1)
みやき町 (4)
玄海町 (0)
有田町 (4)
大町町 (1)
江北町 (1)
白石町 (2)
太良町 (6)
佐賀県外 (5)
駅舎からの風景 (80)
私からのお知らせ (14)
未分類 (6)
仮分類 (0)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

★写真の公共機関への無償提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。