佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを写真作品でご紹介し、佐賀の魅力度アップに貢献できるよう頑張ります。

今、なぜ、モノクロ写真なのか

閉店後の光景


終業後の光景


<撮影場所・撮影日時>
佐賀市・2017年5月7日19時半頃
<撮影データ>
FUJIFILM X100F
絞り優先AE・f4・SS 1/4・ISO320

(参考)
① 私が利用させていただいているお店です。40歳代と思われるオーナーは、斬新な感覚を持っておられ、優れたビジネスマインドと有能な技術を有するスタッフに恵まれた有能な方(生粋の地元佐賀のお生まれ。)です。
② 撮影に関しましては、お店の関係者及び被写体の方の許可をいただいています。なお、被写体の方は、終業後のルーティンの運動(体操)をされています。

<この写真 私の心・技・体>
① 今、なぜ、モノクロ写真が流行っているでしょうか。私が答えを出す立場にはありません。なぜなら、モノクロ写真を撮られる方、それぞれに目的などがあるでしょうから、私が論ずることではないと思います。
② それでは、なぜ私はモノクロ写真を好むかということにお答えしなければならないと思います。
  二つ挙げることができます。一つは、両親からカメラを買ってもらった中学時代、その時代は通常、モノクロフィルム写真であり、その青春という酸味のある感触が忘れなれないことです。もう少し、突っ込めば、今、こうして自分のお金で撮影機材を手にしていますが、あの当時、高価なカメラを買ってくれた両親への感謝と供養の気持ちからです。二つ目は、定年退職後、カメラを始めた際に、モノクロ撮影は写真の基礎だと勉強させられたことです。このことについては、また、別の機会に、何回かに分けて触れさせてください。
④ 暗くなった時間(午後7時半頃)にもかかわらず、三脚が使用できない歩道からの手持ちでの撮影(四分の1秒)でしたので、ブレないよう苦労しました。



★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で調査されてください。
「モノクロ写真」等
  1. 2019/06/09(日) 00:10:00|
  2. 佐賀市
  3. | コメント:0
<<モノクロ写真は階調の変化が命 | ホーム | 呼子は、イカの活き造りが有名>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

・定年退職してから、ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影しています。
・佐賀県美術展(写真)、その他公募展等の入選、入賞実績がありますが、まだまだ未熟です。
・ブログには、自分で「作品」として位置付けているものも掲載しますので、ご批評よろしくお願いいたします。

★公共機関への提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所のクリックで閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

♥お問合せは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

広告:amazonお買い得情報リンク

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
私からのお知らせ (7)
佐賀市 (117)
唐津市 (24)
鳥栖市 (3)
多久市 (1)
伊万里市 (1)
武雄市 (4)
鹿島市 (6)
小城市 (20)
嬉野市 (2)
神埼市 (15)
吉野ヶ里町 (4)
基山町 (1)
上峰町 (0)
みやき町 (2)
玄海町 (0)
有田町 (2)
大町町 (1)
江北町 (1)
白石町 (2)
太良町 (3)
佐賀県外 (2)
未分類 (0)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

九州風景写真ランキング参加

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

人気ブログランキング参加