佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを写真作品でご紹介し、佐賀の魅力度アップに貢献できるよう頑張ります。

日本三大悲恋物語(佐用姫伝説)

佐用姫


鏡山山頂の佐用姫像


<撮影場所・撮影日時>
唐津市鏡山・2014年8月30日14時半頃
<撮影データ>
Nikon D800E・Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
絞り優先AE・f11・SS 1/320・ISO100・HUSKY三段 KIRK Model


佐用姫②


佐用姫岩


<撮影場所・撮影日時>
唐津市和多田・2014年8月30日13時半頃
<撮影データ>
Nikon D800E・Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
絞り優先AE・f11・SS 1/250・ISO100・HUSKY三段 KIRK Model

(参考)
① 肥前国風土記の松浦の郡の中に、「篠原の 弟姫(おとひめ)の子ぞ さ一夜(ひとゆ)も 率寝(ゐね)てむ時(しだ)や 家にくださむ」(篠原村の弟姫よ 一夜でもよいからつれていきたい あなたを家には帰したくない)と記述されている箇所があります。
  弟日姫子(佐用姫)は、任那に向かう大伴狭手彦(おおとものさでひこ)を、鏡山から必死になって見送り、その後物語があって、終いには沼に沈んで屍となったことまでとして、文学(和歌)などに明るくない私がこれ以上解説することは好ましくないので止めます。
  (追記) 唐津市の「文学に「松浦佐用姫(まつらさよひめ)」を見る」というホームページに解説がありますのでご覧ください。
② 1枚目の写真が、弟日姫子(佐用姫)が、鏡山から大伴狭手彦を見送る様子を表現した像です。
③ 2枚目の写真は、弟日姫子(佐用姫)が、大伴狭手彦を見送るために鏡山(海抜284m)から飛んで駆け下りた場所とされている箇所です。
  写真の右手に鏡山が見えます。

<この写真 私の心・技・体>
 松浦佐用姫伝説は、日本三大悲恋とされています。撮影時には、「大伴狭手彦さん 1500年経った今でも佐用姫が泣いていますよ。」と、佐用姫のあまりの悲しみを感じながら、シャッターを切ることになってしまいました。



★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で調査されてください。
「松浦佐用姫伝説」、「肥前国風土記(松浦の郡)」、「唐津市 文学に「松浦佐用姫(まつらさよひめ)」を見る」、「日本三大悲恋物語」等
  1. 2019/06/27(木) 00:19:00|
  2. 唐津市
  3. | コメント:0
<<荘厳な鵜殿の石仏群(唐津市相知町) | ホーム | 佐賀の空の玄関口 ポピーでおもてなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

・定年退職してから、ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影しています。
・佐賀県美術展(写真)、その他公募展等の入選、入賞実績がありますが、まだまだ未熟です。
・ブログには、自分で「作品」として位置付けているものも掲載しますので、ご批評よろしくお願いいたします。

★公共機関への提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所のクリックで閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

♥お問合せは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

広告:amazonお買い得情報リンク

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
私からのお知らせ (7)
佐賀市 (119)
唐津市 (29)
鳥栖市 (3)
多久市 (1)
伊万里市 (1)
武雄市 (4)
鹿島市 (6)
小城市 (20)
嬉野市 (2)
神埼市 (15)
吉野ヶ里町 (4)
基山町 (1)
上峰町 (0)
みやき町 (2)
玄海町 (0)
有田町 (2)
大町町 (1)
江北町 (1)
白石町 (2)
太良町 (3)
佐賀県外 (2)
未分類 (0)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

九州風景写真ランキング参加

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

人気ブログランキング参加