佐賀風土記

ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを写真作品でご紹介し、佐賀の魅力度アップに貢献できるよう頑張ります。

荘厳な鵜殿の石仏群(唐津市相知町)

鵜殿の石仏


鵜殿の石仏群(唐津市相知町)


<撮影場所・撮影日時>
唐津市相知町・2013年6月9日8時半頃
<撮影データ>
Nikon D800E・Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
絞り優先AE・f4・SS 1/15・ISO500・HUSKY三段 KIRK Model

(参考)
① 現地の石仏のそばに在る唐津市教育員会の案内板によりますと、弘法大師が唐から帰国した際、この地に立ち寄り、弥陀、釈迦、観音の三尊を刻んだのが鵜殿の石仏群の始まりとされています。
  しかし、今はその当時の石仏は無く、現存する約60体のうち、最古のものは14世紀の南北朝時代のものと紹介されています。
  写真の中の大きい石仏は持国天、小さい石仏は十一面観音になります。
② 撮影した当時は、持国天などは露天でしたが、現在、風化を防止するため、屋根が設置されており、もし、今、撮影しようとしても、このような構図は取れないと思います。
③ 付近に、「マムシがいるので注意」との看板がありますので用心してください。うっそうとしており、人影がありませんので、単独行動は避けた方が望ましいと思います。

<この写真 私の心・技・体>
① 現在、石仏の風化を防止するため、屋根が設置されており、写真のような構図での撮影は困難と思われます。
② この写真を撮影した後、3~4年後に再訪した際、屋根が設置されていました。それを見て、全体を撮影することは困難だろうと思い、シャッターを切りませんでした。
  なお、この際、東京から出向いて来たという方にお会いしました。この方のお話では、九州の摩崖仏を撮影して廻っているとのことでした。そのお話などをお聞きしたかったのですが、タクシーを待たせているとのことでかないませんでした。
③ 参考までにですが、当時、撮影に当たって、所属する写真クラブの方から雨が続いた日に撮影に行くべきであると教えられていました。
  その理由は、晴天が続くと乾燥し、石仏の色彩がうまく撮影できないからです。雨が続くと石仏がしっとりとしてきて、色あいを出してくれます。 (しかし、現在は、屋根がありますのでこのことは当てはまりません。)    
  一般に、石、コンクリートなどが被写体となる場合は、白飛びの危険性が大ですので、このことに気を付けられた方がよいと思います。



★撮影場所等の情報について、具体的にお知りになりたい方は、メールフォームからお問い合わせいただくか、又は、お手数をおかけしますが、次の事項で調査されてください。
「鵜殿の石仏群」等
  1. 2019/06/28(金) 00:10:00|
  2. 唐津市
  3. | コメント:0
<<佐賀市内に路面電車が走っていた(川上軌道跡碑) | ホーム | 日本三大悲恋物語(佐用姫伝説)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

佐賀風土記

Author:佐賀風土記

・定年退職してから、ふるさと「佐賀」の自然、史跡、文化、芸能などを撮影しています。
・佐賀県美術展(写真)、その他公募展等の入選、入賞実績がありますが、まだまだ未熟です。
・ブログには、自分で「作品」として位置付けているものも掲載しますので、ご批評よろしくお願いいたします。

★公共機関への提供

★ブログ内の写真等の著作権は、放棄していません。なお、公共機関につきましては、佐賀に貢献する趣旨で無償提供いたしますので、ご連絡ください。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領・プライバシーポリシー

「カテゴリ」欄の該当箇所のクリックで閲覧できます。

■ブログ「佐賀風土記」運営要領(平成31年4月1日決定)■ブログ「佐賀風土記」プライバシーポリシー(令和元年6月2日決定)

♥お問合せは、こちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

広告:amazonお買い得情報リンク

カテゴリ

運営要領・プライバシーポリシー (1)
私からのお知らせ (7)
佐賀市 (119)
唐津市 (28)
鳥栖市 (3)
多久市 (1)
伊万里市 (1)
武雄市 (4)
鹿島市 (6)
小城市 (20)
嬉野市 (2)
神埼市 (15)
吉野ヶ里町 (4)
基山町 (1)
上峰町 (0)
みやき町 (2)
玄海町 (0)
有田町 (2)
大町町 (1)
江北町 (1)
白石町 (2)
太良町 (3)
佐賀県外 (2)
未分類 (0)

私のお奨めブログ(リンク)

このブログをリンクに追加する

九州風景写真ランキング参加

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

人気ブログランキング参加